2011年08月21日

ユダヤ式「天才」教育のレシピ (アンドリュー・J・サター & ユキコ・サター)

うちの息子は3歳ごろからサッカー教室に通っている。今でこそ毎週楽しく通っているものの、通い始めのころはなかなか大変であった。親としては、月謝を払っているのだからきちんと参加してもらいたいし、やるからにはサッカーがうまくなってもらいたい。一方、子供はお金のことなんか全く気にするわけもなく、大切なのは本人にとって楽しいかどうかである。

初期のころ、息子が通っている3〜4歳児向けのサッカー教室の練習風景を書いてみよう。前日の夜は、息子もサッカーができるのを楽しみにしていた。そして、いよいよ練習当日。サッカー教室の時間が始まる...

−−コーチのまわりにみんな集まる。

親「お、サッカーが始まるみたいだよ。ほら、もうみんなアッチに集まってるよ!早くいかないと。がんばれー」

子「.....」 

−−子供が集まると、コーチのかけ声のもと、子供達は自由にドリブルし始める。

親「ほら、ボールを蹴って蹴って。あ、手でもっちゃダメ!蹴らないと!そうそう。イケイケ!」

子「.....」 

−−ドリブルしながら自分の色のビブスを集めるゲームが始まる。

親「がんばれー。あ、それ色が違う。青いヤツ、青いヤツを集めないと!そうそう。イケイケ!」

子「.....」

−−ひと通り練習が終わり、家に帰る。その帰り道。

親「いやー、今日もがんばってやってたねぇ。ドリブルなんかすごくうまかったよ。ボールを止めるときはコウやって足の裏で止めるとしっかり止まるよ。するとサッカーがもっとウマくなるから。」

子「...。もうサッカーいきたくない!」

親「えっ!?」

親は子供に突然こう言われて、かなり狼狽する。親は、なぜ息子は突然サッカーがイヤになったか、すぐには理解できない。あんなにサッカー教室を楽しみにしていたはずなのに、と回想する。と同時に、子供によかれと思って始めたサッカー教室の入会金と月謝が頭をかすめる。そして、子供に向けて発するコトバを必死に探す。さてこんなとき、あなたなら、どんなコトバを発するだろうか。次の中から選んでみよう。

1. 「お金も払ってるんだし、折角だからもっと続けようよ」と説得する。
2. 「イヤならしょうがない!もうやめよう!」とキレる。
3. 「そっかー、もう行きたくないかぁ」と同意してその場は流す。
4. その他(コメント欄にどうぞ)。

果たして、その後はどうなったのだろうか。気になる方は続きをどうぞ。

続きを読む
posted by lhflux at 12:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

ユダヤ人大富豪の幸せな金持ちになる17の秘訣 (本田 健)

「お金さえあれば、もっと遊べるのに」

「お金さえあれば、もっとモテるのに」

「お金さえあれば、アレが買えるのに」

「お金さえあれば、子どもを連れて行ってあげるのに」

「お金さえあれば、何も困らないのに」

「お金さえあれば、もっと幸せになれるのに...」

「お金さえあれば」でtwitter を検索してみると、実に多くの人が「お金さえあれば」とつぶやいている。世の中お金じゃない、だとか、お金で買えない価値がある、とはいうものの、それでもお金で苦労している人は実際に多いのも事実だし、「お金さえあれば...」と心の中でつぶやいている人も多いようだ。それになにより、お金はたくさんあったらあったで困ることなんか何もない。もし金持ちになれば、今よりももっとハッピーになれるはずだ。だったら金持ちになってやる。そう思う人もいるだろう。おそらく著者の本田氏も、そういう気持ちで金持ちになりたいと思ったのでのはないだろうか。

金持ちになろうと思ってどういう行動をとるかは、それこそ人によって千差万別であろう。中には何もしない人もいれば、宝くじを買いにいく人もいるかもしれない。そんな中、著者は金持ちを見つけ出し、その金持ちに秘訣を教わるという方法をとった。運良くユダヤ人大富豪であるゲラー氏に巡り会って、彼に弟子入りを懇願する。「自分もお金持ちになって幸せな生活をおくりたいので、是非その秘訣を教えて欲しい」とせまる著者に対し、ゲラー氏はこうアドバイスする。

幸せに成功したければ、自分らしい人生を生きることに集中して、お金のことや成功することを忘れるのが大切なんだよ(p.24)。

ユダヤ人大富豪のゲラー氏がいうには「お金持ちになりたければお金のことは忘れろ」ということらしい。お金持ちになるためには、お金のことを考える必要があると思いきや、そうではないらしい。以下に本書に書かれたあったお金持ちになる秘訣を簡単に紹介してみる。

続きを読む
posted by lhflux at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

金持ち父さんの21世紀のビジネス (ロバート・キヨサキ)

「あなた、もしかしてお金に困ってる?いや、困っていなければいいんだけど。いやね、おおきなお世話かもしれないけど、あなたの服をみてると、お金がなくて、なんだか欲しいモノをガマンしてるんじゃないかって心配になっちゃって…。

いや、実はね、あなたは私の大切な友人だから、こっそり教えてあげるけど、誰にでも簡単にお金を儲けることができる話があるのよ。いや、ホントに簡単なのよ。私がこの話を紹介した友人なんて、一ヶ月もしないうちに月10万円も稼げるようになったんだから。この前、久しぶりに会ったと思ったら、見違えるくらい綺麗になっちゃって。どうしたの?って聞いたら、どうやら稼いだお金で高級エステに通っているみたいなのよ。

いや友人っていってもね、その友人はエリートでもなんでもなく、ただの主婦なのよね。その友人がいうにはね、はじめはウソかなぁと怪しんだけど、ダマされたと思って実際にマニュアル通りにやってみると、あれよあれよという間に気がつけば月10万円も稼げるようになっていて、こんな素晴らしい話を教えてくれてホントにありがとう、やっぱ持つべきモノは友よね、なんて言うもんだから。よかったらあなたにもどうかと思ってね。あなたも私の大切な友達だし。

いや、ホントに簡単なのよ。だってしっかりとしたマニュアルがあるから、それに書いてあることをそのままやればいいのよ。はじめにこのマニュアルを買うのにちょっと投資が必要なんだけど、そんなの一ヶ月もしない間にもとをとっちゃうから。

ちょっと想像してみて。

毎月10万円も稼げるなんて夢のようじゃない?はじめにマニュアルを買うのにたった1万円払うだけで、その夢が現実のものとなるのよ。どう?ダマされたと思ってチョットだけやってみない?」

これは、いわゆる「ネズミ講」とか「マルチ商法」とか呼ばれる手法である。実際に1万円払ってマニュアルを購入すると、そこには「三人勧誘するごとに、報酬としてあなたに1万円支払います。頑張って勧誘しましょう」なんてあったりする。最近はあまり見かけなくなったものの、十年前は、ときどきこのネタで新聞がにぎわっていたこともあった。

これだけの話なら別にたいした内容ではないと思ってしまうかもしれない。しかし、この「ネズミ講」は見かけによらず、ものすごい威力がある。はじめに誰か一人をダマしてマニュアルを購入させたとする。そうすると、そのダマされた人は、元をとるために3人を勧誘する。すると今度は、その3人それぞれが、また新たに3人ずつ勧誘してきて、新規にダマされた人は全部で9人になる。さらにその9人それぞれが、また新たに3人ずつ勧誘してきたとすると、新規にダマされた人は全部で27人になる。するとその27人が…と続き、気がつけば、被害者が莫大な数になり、主犯者も莫大な利益をあげる。こうして人数が増えれば増えるほど、勧誘する友人もいなくなり、最後に勧誘された人が貧乏クジを引いて不利益を被る。一人ずつの被害額はそれほど大きくないものの、全体としてみると、数億円規模にまで膨らむこともある。最終的に貧乏くじを引いた人が不利益を被るため、「ネズミ講」は現在の日本では犯罪となる。

しかし、ここで視点を変えて、この「ネズミ講」という手法を良いことに使えないだろうかと、考えてみよう。誰かが貧乏くじを引くから問題であって、みんなが得をするようなシステムににすれば、なんら問題ないはずである。この「ネズミ講」は絶大な威力をもっていることがすでに分かっているのだから、それをビジネスに応用すれば、きっと有効な手法になるに違いない。世の中、悪い人もいれば、いい人もいる。ならば、「ネズミ講」を詐欺に使う人もいれば、いいことに使う人もいるはずだ!

そうかもしれない、と思った人は続きをどうぞ。


続きを読む
posted by lhflux at 12:50| Comment(1) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

セールス・アドバンテージ (D・カーネギー)

この書評ブログをはじめて4年が経つ。書評に科学的手法を取り入れて、おおよそ週1回のペースを目安にブログを更新してきた。

"科学的手法"なんていうと、なんか小難しいことでもしているように聞こえるものの、そんなことはなく、ただロジカルに書評を書いているだけである。"ロジカル"なんていうとエラく難しい文章で書かれているように聞こえるものの、これまたそんなことはなく、ただスジの通った分かりやすい文章を目指しただけである。これまでの記事がどうであったかはとりあえずワキにおいといて、私の中ではそういう意識でやってきたし、これからもそういう意識を持ち続けていくつもりである。

そうやって、これまでいろんな本を読んできて気づいたことは、「どんな本でも良いところがある」という視点である。というのも、私がツマラナイと思った本でも、他の人には面白い場合もある。今の自分には役に立たない本であっても、10年後に読み返してみると、ものすごく役に立つこともあるだろう。私が「そんなのアタリマエだよ」と思う内容の本でも、10年前の自分が読めば感動したかもしれない。これらは、一冊の本との出会いを自分なりに大切にし、正面から向きあってきて気づいた私なりの視点である。そんな本の良い点をこのブログの訪問者にチョットでも伝わればうれしい。

しかし、多くのビジネス書を読んできて、「ブログで利益をあげる責任がある」ことにも気づく。テキスト文字をインターネット上で誰もがアクセスできるよう公開しているのであれば、たとえほんのチョビっとだとしても、社会に役に立つ情報を提供する必要がある。書評ブログなんて趣味でやっているから続くのだ、と言われればその通りかもしれない。けれども、社会に貢献したから利益を受けるのだ、といわれれば、少なくとも本の代金程度の売り上げをブログ関係で計上できないと社会に貢献できていないことになる。現状では、読む本をすべて図書館で借りて経費削減することで利益をあげることもできなくはないものの、著者に利益を還元するという意味でも、やはり新書を購入してもなお、利益があげられるような体制を創らないと、社会に貢献しているとは言いがたい。ビジネス書にかいてある内容が役に立ったと証明する意味においても、そろそろこのブログでしっかりと利益をあげれるようにならないとイケナイような気がしてきている。そうでないと、これまで私が感銘をうけた良書に対して申し訳ない。

じゃあ、利益をあげるためにしなければならないことは何だろうか。そう考えて、私が最終的に行き着いた先が「セールス」である。この答えが間違っていないことを、本書はこう告げる。

セールスパーソンが現代ビジネスにいかに重要かを、レッド・モトリーはいみじくもこう言っています。「誰かが何かを売るまでは、何も起きない。」(p.3)

では、読書で「セールススキル」を学ぶためにはどうすればよいか。その疑問に対する私の出した答えが、本書である。以下に、本書について簡単に紹介してみる(ちょっと長い)。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン

続きを読む
posted by lhflux at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

20代で身につけたい質問力 (清宮 普美代)

「一番じゃなきゃだめですか?」

2010年度分の事業仕分けのとき、当時仕分け人を努めた蓮舫議員が次世代スーパーコンピュータの開発費をめぐる議論で言い放った質問である (正確には、「世界一になる理由は何かあるのでしょうか。2番ではダメでしょうか」と主張していたようだ。)

この質問には賛否両論があるだろう。ある人は戸惑い、ある人は興味をもち、ある人は憤慨し、ある人は同意し、ある人は応援し、ある人は敵対視した。質問の是非はともかく、この質問によって多くの日本人の中で何かが動いた。非常にシンプルであるにもかかわらず、日本社会の関心を一気に集め、これだけ日本国民に大きなインパクトを与えた質問はめずらしい。この質問で日本国民はいったい何を動かされたのだろうか。こういった質問は人々にいったいどんな変化を引き起こすのだろうか。

以下に、本書にかかれていた質問のもつ力について紹介してみる。なお、本書は株式会社ラーニングデザインセンターの藤田様より献本いただきました。どうもありがとうございます。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン

続きを読む
posted by lhflux at 09:57| Comment(0) | TrackBack(2) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

0歳から育てる脳と心−8つの才能を伸ばす33のルール (森田 勝之)

息子が2歳になったころ、簡単なパズルを買い与えてみた。当時、息子がはまっていたボブとはたらくブーブーズ (原題:Bob the builder)のパズルである(下の画像。アマゾンリンクあり)。


そのときの息子の様子と父親の言動をみてみよう。

息子:パズルのピースを上下サカサマにもつ。
父親:「これは上下サカサマだよ。上はこっち。ハイ、これをそこにはめてみて。」
息子:パズルのピースを違う場所にハメる。
父親:「ちがう、ちがう。こっちだよ。」
息子:パズルのピースを持ちあげるも、またも上下サカサマにもってしまう。
父親:「おっとまた上下サカサマだ。ハイ、持ち方はコウ。はい、どうぞ。」
息子:なんとか、正しい場所にパズルのピースを置く。
父親:「うおー。上手にできたねぇ。すごいすごい。さあ、次は?」
息子:はめにくいパズルのピースを手にする。
父親:「お、それは難しいピースだなぁ。さあ、挑戦だ。がんばってみよう。」
息子:ピースを台に置くも、以前に置いたピースが崩れてしまう。
父親:「お、おしい。ここがコウで、これはコッチで、はい、元通り。」
息子:「ワーーーーー!!! ガチャガチャガチャ」突然憤慨して、パズルをバラバラにする。
父親:「あははは...。パズルはちょっとまだ早すぎたのかなぁ。」

果たして、子どもにパズルはまだ早すぎたのだろうか。以下に、本書に書かれている子どもの知性の発達について紹介してみよう。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン

続きを読む
posted by lhflux at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

エピソードで学ぶ乳幼児の発達心理学 −関係のなかでそだつ子どもたち− (岡本依子・菅野幸恵・塚田-城みちる)

ある日の朝7時半頃。その日は、三歳半を過ぎた息子と保育園に歩いて向かっていた。最終コーナーを曲がり、保育園まで残すところあと百メートル程度の直線コースにさしかかったときである。急に息子の動きがピタっと止まる。そして次の一言を放った。

「あっ、おもちゃ(トミカのミニカー)を持ってくるの忘れた!」

「うっ?!」

こちらが一瞬の戸惑いを見せた瞬間、1kmも離れている家へ戻ろうとする。ここで家まで往復したら、ダラダラと歩くので1時間はかかってしまう。仕事もあるし、そんなのは親としては許容できない。先を促すためにも説得を試みる。

「さ、保育園にいこうよ。先生もお友達も待ってるよ。今日は誰がいるかなぁ?」

そんな私の説得に耳をかすワケもなく、息子の感情が爆発する。

「ヤーダ!ヤーダ!!ヤーダ!!!オモチャを取りに帰る!!!!」

そして道ばたに倒れ込んで大泣きがはじまる。俗にいう"悪魔の三歳児"というヤツである。そんなとき、散歩をしている一人の老人が通りかかった。そして息子に語りかけた。

「どうしたのかな?」

そんな語りかけを全く無視し、息子は地べたに仰向けになったまあま激しく体を揺さぶり、相変わらず大泣きしている。そんな様子をみて老人は息子に話しかけるのをあきらめ、散歩を続けた。私は苦笑いをしながら、こう説明した。

「オモチャをもってくるのを忘れたので、カンシャクを起こしているんですよ」

すると老人は私に次のような捨てセリフを吐いて立ち去った。

「ずいぶん聞き分けの悪い子だねぇ。」

思いがけない言葉を聞いて、カチンと頭にきた。怒りにまかせてその老人に殴りかかりそうになるも、なんとかコブシを抑えて落ち着いてみる。改めて冷静になってみて、よく考えてみる。「これって聞き分けの悪い子なのだろうか」。

その答えを教えを求めて発達心理学の本を手にしてみた。以下に本書について簡単に紹介してみる。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
続きを読む
posted by lhflux at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

独自性の発見 (ジャック・トラウト、スティーブ・リヴキン)

マーケティングとは、いったいなんだろうか。

経営関係の書物をよむと、"マーケティング戦略"といったような言葉をよく目にする。"マーケティング"は会社を経営するうえで必要不可欠なモノのように聞こえる。HP(ヒューレット・パッカード)のデイヴィット・パッカード氏は次のように言っていた。

「マーケティングは、マーケティング担当者に任せておくには重要すぎる」(p.311)

最近人気のピーター・ドラッカー氏もこんなことを言っている。

企業には二つの−−ただ二つだけの−−基本的な機能があることになる。すなわちマーケティングとイノベーションである。(p.310)

大きな書店に行くと、"マーケティング"関係の戸棚があって、それこそ山のようなマーケティング関連書籍がある。インターネットの世界でも、"バイラル・マーケティング"だとか、"クチコミ・マーケティング"なんてのもあるし、このブログでも以前に紹介した"集団感染マーケティング"なんて言葉もある。

しかし、「マーケティングの本質ってなんですか?」という疑問に対して、きちんとした答えを提供してくれるビジネス書はほとんどない。逆に言えば、それくらい"マーケティング"は難しいのかもしれない。それが最近、ようやく"マーケティング"の本質がだんだんとわかってきた、ような気がする。本書を読んだことで。

本書によれば、"マーケティング"が目指すもの、それは「他者と差別化すること」である。自社のウリや独自性をアピールし、他者との違いを浮き彫りにする。以前に当ブログでストーリーとしての競争戦略 (書評はこちら)で、「違いをつくって、つなげる」、一言でいうとこれが戦略の本質ですというコトバを紹介した。このコトバにもあるように、自社の独自性を発揮することが"戦略"であり、それを広く一般の人にアピールすることが"マーケティング戦略"だといえる。

ただ、人によっては、よい製品さえ造れば、マーケティングなんかしなくても勝手に売れると考える人もいるだろう。よっぽど知名度があれば、それでもいいのかもしれない。しかし、ブログでもベンチャー企業でも、無名の若手がちょっとくらいよい製品なりサービスなりを提供したとしても、それでうまくいくほどビジネスは甘くない。まずは独自性を発揮して、市場の中に確固たるポジションを築いていく必要がでてくるだろう。そこで、「さあいざ独自性を発揮しよう!」と意気込んでみても、実際にやってみると、独自性を発揮することがいかに難しいかが痛いほど分かる。本書には次のような愚痴を紹介していた。

独自性が必要だと知っている。だが、しばらくあれこれやってみたあと、どうすればいいかわからないと投げ出す。彼らの言い訳はこうだ。「うちの商品やセールスは、よそとたいして違わないんだよな」(p.5)

企業に限らず、書評ブログをやっていても、これと全く同じ状況に遭遇する。「うちの書評記事は、よそとたいして違わないんだよな」と。そんな迷える子羊に、本書は次のようなコトバを投げかけてくる。

ちょっと見には差別化のように見えて、じつはそうではないさまざまなことに惑わされずに、真の独自性を実現する方法を(本書は)いくつも伝授する。(p.6)

以下に本書に書かれた秘伝の方法を簡単に紹介してみる。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン

続きを読む
posted by lhflux at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

ゴールデンスランバー (伊坂幸太郎)

1963年11月22日。テキサス州ダラスにて、第35代アメリカ合衆国大統領のジョン・F・ケネディはオープンカーで市内パレードを行っていた。町中をゆっくりと走る車に乗って、笑顔を振りまく大統領の姿を、アマチュアカメラマンのザプルーダー氏が持つサイレント8mmフィルムがしっかりと捉えていた。

オープンカーはゆっくりとカーブをまわり、直線に入った。次の瞬間、一発の銃声とともにケネディ大統領の頭がガクンとうなだれる...

これが俗にいう、ケネディ大統領暗殺事件である。

私がはじめてこの事件を聞いたとき、大統領が暗殺されたのだから犯人も捕まったのだろう、と思った。実際に暗殺犯とされるリー・ハーヴェイ・オズワルドが捕まった。しかし、多くの謎が未だに残っており、事件の真相は今もなお明らかになっていない。というのも、銃弾の軌跡や大統領暗殺時におけるオズワルドの位置などの状況を分析していくと、オズワルドが大統領を暗殺したとすることに矛盾が生じてしまうためである。その結果、オズワルドは暗殺犯に仕立て上げられたとする説も有力視されている。

もしこの説が正しいとすると実際には何が起きたのだろうか?もしこの説が正しいとすると、オズワルドはどんな心境だったのだろうか。もし自分がオズワルドの立場にさせられたら...。

以下に、ネタばれに注意しながら、本書のあらすじについて簡単に述べてみる。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン

続きを読む
posted by lhflux at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

COURRiER Japon (クーリエ・ジャポン) 2011年7月号

日本にいると忘れがちになるものの、今の国際社会がかかえる大きな問題が2つある。それらは、エネルギー問題と地球温暖化問題である。近年の医療技術の発達や環境インフラの整備とともに世界の人口は増加し、半世紀前よりももっと多くのエネルギーが必要となってきた。原油のようなこれまでの化石燃料に依存した発電技術では、いつかその燃料源が枯渇してしまう。さらに、こういった化石燃料に依存したエネルギー源では、人為起源二酸化炭素の放出に伴う温暖化問題といった地球環境への負荷が大きすぎてしまう。

今後も続くであろう人口増加と、ますます増えるであろうエネルギー需要を満たすために、今よりももっと莫大なエネルギーを創りだし、かつ、地球環境への負荷を今よりもグッと小さくする方法はないだろうか。これらを満たすような方法があれば、エネルギー問題と地球温暖化問題の両方を同時に解決できるかもしれない。そんな夢のような解決策が果たしてあるのだろうか。

その答えとなりうるのが、「原子力発電」... のはずだった。

ご存知のとおり、この夢の解決策は3.11 に起きた東日本大震災によって、まさに夢となってしまいそうである。世界に誇る安全技術をもった日本で、チェルノブイリ原発事故に匹敵したレベル7という史上最悪規模の原発事故が起こってしまった。この事実は、日本だけでなく、海外でも重く受け止めている。

原子力発電という解決策が厳しいとわかった今、世界で繰り広げられているエネルギー政策は今後どこへ向かうのだろうか。「わかりやすいニュース」でおなじみの池上彰氏による見解が今月号のクーリエジャポンにまとめられている。以下に詳しくみてみよう。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン

続きを読む
posted by lhflux at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。