2010年05月30日

日経アソシエ「今、読むべき本」特集: 自己啓発編

ここでは、日経アソシエ2010年5月4日号の「今、読むべき本」特集で紹介された、自己啓発書の書評サイトを集めてみた。自己啓発本を厳選したのは、ビジネス書作家である水野俊哉さん (ブログへ飛びます)

以下に、私の簡単なコメントと、本の内容を知る上で参考とした書評ブログを記してみた。あなたの本探しのお役に立てれば実にうれしい。(last update 2010/5/30)


まずは必読の3冊から。



・携帯版 思考は現実化する(ナポレオン・ヒル):
600ページを越える分厚い本だが、1937年に原著が発行されて依頼、ずっと売れ続けている超ロングセラー。自己啓発本の原点ともいうべき本。 自分を信じ、成功するための思考法が記されている。
-- 参考書評ブログ --
新たな習慣へのトライ
Think & Act Globally!
リアルビジネス成功を夢見るエンジニアの成長記
考えるための書評集


・日本でいちばん大切にしたい会社(坂本光司):
企業経営の哲学を説く一冊。水野氏がいうには、"仕事で迷ったときや、働く目的を見失ったら読んでほしい"とのこと。社員を大切にし、社会に貢献している中小企業を紹介することで、仕事の大切さを学べる。
-- 参考書評ブログ--
 ビジネス書で「知」のトレーニングを! 〜知磨き倶楽部
女子勉
【営業の言葉屋】本の抜粋書評使えるコトバをあなたに!


・25歳からの社会人力(大塚寿):
社会人として働くための具体的な心得を紹介する本。会社のトップグループを目指すというよりは、リストラ対象となりうる下位グループに、どうしたら入らないですむかを説く。
-- 参考書評ブログ --
19番の独り言
びびっと選書!
ビジネス本でバージョンアップ2.0!


次に補強のための6冊を紹介。



・7つの習慣(スティーブン・R・コヴィー):
自分の人生をよりよく生きるための指針を示した自己啓発本。自分が成功することだけでなく、相手の成功にも積極的に協力し、結果としてみんなが幸せになれるよう努力することを説く。私も強くおススメしたい一冊。
 -- 参考書評ブログ --
おでこのめがねで読書レビュー
みんビズ!
ビジネス書で「知」のトレーニングを! 〜知磨き倶楽部


・運命の波にのる魔法のクセ(はづき虹映):
スピルチャル系でポジティブシンキングを唱える自己啓発本。書評ブロガーによるレビューが意外と少ないのでちょっと情報不足。
-- 参考書評ブログ --
図解化コンサルタント池田千恵の「人を動かす1枚図解」


・沈まぬ太陽(山崎豊子):
JALの腐敗を描いた社会派小説。多少、脚色が加わっていて、事実とは異なる記述もあるが、企業の圧力に屈せず生き抜く主人公に勇気づけられる。小説なので、ネタバレに注意。
 -- 参考書評ブログ --
厳選書評ブログ
苗村屋読書日記
池田信夫 blog part2


・誇り―ドラガン・ストイコビッチの軌跡(木村元彦)
Jリーグでは、名古屋グランパスエイトで選手として、そして2010年現在、監督として活躍しているストイコビッチをテーマにした本。逆境でも目標を失わずに、生きる大切さを教えてくれるとのこと。
-- 参考書評ブログ --
「和して同ぜず」「主体変容」
人が好き!本が好き!運動が好き!
ほんのり


・誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則(水野俊哉)
若い人に向けた成功するためのコツを紹介。自己啓発本の基本は本人の心の持ち方である。本書に書かれた365のヒントから、自分の心にフィットする言葉を見つけることができるかもしれない。
-- 参考書評ブログ --
活かす読書
なんでも経理的「効率化」 読書と仕事術
一流への道


・一歩を越える勇気(栗城史多)
エベレストで単独・無酸素登山に挑戦した栗城史多氏の本。夢をかなえるためのヒントがつまっている。困難な状況でもあきらめずに挑戦していく姿勢に感動する。
-- 参考書評ブログ --
【営業の言葉屋】本の抜粋書評使えるコトバをあなたに!
Fランク大学生の書評ブログ
さむらいコピーライティング道

posted by lhflux at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | web書店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。