2012年08月01日

アメリカで投資生活、はじめの一歩:A Beginner's Guide to Investing: How to Grow Your Money the Smart and Easy Way (Ivy Bytes)


Growing Free Money on Flowers / epSos.de


ハワイへと移住してきて数ヶ月が過ぎた。生活環境も整ってきて、気持ちもだいぶ落ち着いてきたので、日本のときのように、ハワイでも株式投資をしようと思い始める。しかし、アメリカで株主となるまでの道のりは私にとって遠く険しい。

まずはじめに遭遇する障害が、英語の壁である。辞書があるとはいえ、とある株式会社の財務諸表をみると、分からない単語がずらりと並び、さすがに滅入ってしまう。さらに表記方法が日本と微妙に違っているところもイヤらしい。みたい情報がどこにかかれているか、すぐには見つけられない。誰かに相談しようにも、私の周りで株式投資をやっている人がそもそもいない。仮に相談相手がみつかったとしても、英語での日常会話がままならない状態では、どうしようもないだろう。言葉の壁は思ったよりも大きい。

次に気付く障害が、日本とアメリカのシステムの違いである。例えば Google や Apple の株主になりたいと思ったとしても、始めにいくら必要なのかがわからない。日本では「単元株」というのがあって、株価が 100円だったとしても、単元株が1000株であるなら、はじめに10万円が必要である。しかし、インターネットで Google や Apple の株価を調べてみても、単元株という表記がそもそも見当たらない。おまけに、どこで株式を購入すればよいのかすらわからない。税金の仕組みもよくわからず、そもそも自分のような外国人が簡単に株主になれるのかどうかも分からない。挙げ句の果てに、ハワイとアメリカ本土との間には6時間の時差があるため、朝起きると、すでに株式市場が始まっている。これにサマータイムが加わってくる(ハワイにはサマータイムがない)のだから、なんだか笑えてくる。

そして、最後の障害が情報ソースである。Yahoo や Google を使えば、株価やチャート程度はすぐに手に入る。しかし、チャートに書かれた数字の単位が不明だったり、チャートとともに書かれた情報のどこに配当金やPERといった指標があるのかも、すぐには分からない。財務諸表の解読も、かなりシンドイ。日本なら、会社四季報や日経新聞、その他経済雑誌等、通勤途中のキヨスクやコンビニ、近くの書店で入手できる。一方、ハワイにいると、書店の数も少ないし、そもそもどの雑誌をみればよいかも分からず、右往左往して終わってしまう。アマゾンで本や雑誌を注文したとしても、アメリカ本土ではないため、時間も送料もかかってしまう、なんとも悲しい状況である。

そんな状況に立ち向かうべく、手に取ったのが本書である。洋書なら、アメリカの情報を入手できるし、さらに英語の勉強にもなる、まさに一石二鳥だ。ついでに Kindle で電子書籍を購入すれば、ハワイにいても送料を気にしなくてすむし、それに紙媒体と比べてずっと安い。それになにより、iPadで読むことが可能だ (無料のKindle アプリがある)。ということで、本書を基にアメリカで株主となるまでの道のりを以下に簡単に紹介してみよう。


続きを読む
posted by lhflux at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書:ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

「英語の勉強法」という共同幻想:Rich Dad Poor Dad (Robert Kiyosaki)


Hard Studies / PhotoDu.de


何かについて「勉強しよう」と思ったら、そのために「学校へ行こう」と考える人は多い。しかし、何かを学ぼうとするとき、学校の教育方針が自分にとって必ずしもベストな選択になるとは限らない。

例えば「英語」を例に考えてみよう。

英語を学ぼうとしたとき、学校の教育方針では次のような問題が出される。

問「You are taxed when you earn.」を和訳しなさい。

そしてこれを和訳するために、文法による分析がはじまる。この文の文型はSVであり、 "tax" は名詞ではなく動詞として使われていて、意味は「税金をとる」となって、さらにそれが受け身になっているから、「税金をとられる」となり、その後に続く"when" は疑問形ではなく時間をあらわす副詞として使い、.......。そして和訳をかき、それが間違っていると先生に怒られる。

この方式の勉強法があっている人もいるだろう。または、こういう勉強法で英語が嫌いになった人もいるかもしれない。しかし、これとは違ったアプローチの勉強方法もある。

では今度は、次の英文を読んでみよう。このとき、所得税、住民税、消費税という言葉を想い描いて読んでみて欲しい。

You're taxed when you earn.
You're taxed when you spend.
You're taxed when you save.
You're taxed when you die.

はたしでどうだろうか。これらの文章は英文法がどれも一緒で、違う言葉といえば"earn", "spend", "save", "die" の単語だけである。正式な単語の意味は辞書を調べてもらうとして、これらの単語を噛み砕いていえば "お金を稼ぐ"、"お金を使う(消費する)"、"貯金する"、"死ぬ"となる。内容をよく理解するつもりで、もう一度、上の英文をゆっくりと声にだして読んでみよう。すると、なんとなく意味が理解できそうだ、と思えてこないだろうか。そういう人は、興味ある分野の原著本を読む勉強法がいいかもしれない。

もし、あなたが「お金」と「英語」の両方に興味あるなら、上の英文の意味をさらに掘り下げていくと、学校では教えてくれないことが見えてくる。もう一度、上の英文をじっくりと見てみよう。

You're taxed when you earn.

あえて和訳してしまうなら「税金を取られる、稼いだときに。」となる。たしかに、給与明細をよくみてみると、アルバイトでも会社員だとしても、給料をもらうと所得税と住民税が取られている。

You're taxed when you spend.

次の文は、「税金を取られる、お金を使ったときに。」となっている。私が子供のころはなかったけれども、今の日本では買い物をすると消費税が取られている。国家を運営するにはある程度の税収が必要なことが分かるし、こうやって税金を徴収するのもしょうがないのかもしれない。こういった所得税、住民税、消費税は国を運営するうえで必要だと学校で教わったような記憶が微妙にある。

You're taxed when you save.

今度は「税金を取られる、貯金したときに。」となっている。一生懸命に働いて稼いだお金に税金がとられるのは、まあしかたない。しかし、この英文がいうには、すでに税金がとられて残ったお金を貯金していると、それにさらに税金がかかることを意味している。そんなバカな、と思いたいところではあるものの、実際には、銀行にお金を預けていると利息がもらえるのだけれども、その利息に対して税金がかかっている。このあたりのことは、あまり学校では教えてくれない。さらに次の文をみてみよう。

You're taxed when you die.

「税金を取られる、死んだときに。」まさか、死んだときにまで税金が取られるなんて、そんなアホな話はないだろう。現に学校ではそんなことを教えてないんじゃない?そう思いたい。しかし現実では、相続税という名目の税金によってお金が奪われていく...。

もう一度、上の例文を読み返してみよう。

You're taxed when you earn.
You're taxed when you spend.
You're taxed when you save.
You're taxed when you die.

何をしても、まず一番はじめに税金という名のカツアゲが政府によって行われる。そんな悲しさがこの文章から伝わってくる。さらに、"When you xxx, you're taxed"とは書かずに "Your're taxed" がはじめにくる理由も伝わってくる。この言葉を放った人は、何をしてもまず課税されることを強調したかったのだろう。

学校教育は、私たちにお金を稼ぐ方法を教えてくれる。医者、看護士、弁護士、科学者、技術者といった専門職に必要なスキルは学校が教えてくれる。そして、そうやって稼いだお金で国家が成り立つことも教えてくれる。私が中学生のときは、累進課税がいかに社会にとってすばらしいシステムかを社会の先生が教えてくれた。しかし、学校では教えてくれないこともたくさんある。「お金を稼ぐ方法」は教えてくれても、「お金を殖やす方法」や「お金に困らない方法」は教えてくれない。そんな学校では教えてくれないことを知りたい人は続きをどうぞ。


続きを読む
posted by lhflux at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書:ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。