2013年03月31日

うちの子供が嘘をついたった orz:Parenting with Love and Logic (F. Cline and J. Fay), Part 2


Lie to Me / Zygia


5歳の息子がハワイの幼稚園 (Kindergarten) に通うようになってから、ウソをつくようになってきた。

友達が「ぼく、クジラみたよ」といったとき、息子は次のように応答していた。

「ぼくも見たよ。クジラがジャンプしてね。スッゲー高く飛び上がってね、地球の外にまでいってね、地球をバンって飛ばしたの。そしたら地球がドーーンと爆発してね、ドバーンってなったんだよ。アハハ。」

ウソといっても、この程度ならただの妄想と捉えることもできるので、まだマシである。微妙なのは、学校での出来事を話すときだ。先日、学校の先生から親あてに連絡があり、今日の息子の振る舞いが大変に悪かった、という報告があった。それを息子に問い合わせてみた。

私「先生から、今日は学校で全然集中できなかった、と書いてあったんだけど、どうだったの?」

息子「うーん、忘れた。」

私「そっか。学校ではいつもお昼寝の時間は寝てるの?」

息子「うーーん、ちょっとだけね。ひとねむり、してるんだよ。」

私「へー。お昼寝の時間は、友達と話したりしてるの?」

息子「ちょっとだけね。でも、友達と話してると先生に怒られるから、話しちゃだめなの。先生、声はカワイイんだけど、すごく厳しいんだよね。」

私「そっか。じゃあ今日も友達とちょっとしゃべっちゃって、先生に怒られたの?」

息子「うーん、お昼寝のときはしゃべってないかな。今日は授業中にさ、work を何すればいいか、よくわからなかったんだよね。先生に聞いても全然教えてくれないんだよ。それで友達に聞いたら先生に怒られたんだよね。」

私「ん????、
  そ、そっか。じゃあ、分からないときはどうするの?」

息子「早く work が終わった人はしゃべっていいの。だから、その人に聞けばいいんだよ。」

私「へー、そうなんだ。じゃあ、今日は早く work が終わった人としゃべって怒られたの?」

息子「違うよ。あと、work を間違えちゃいけなんだよ。間違えると先生に怒られるの。」

私「ん?????
そ、そ、そうなんだ....」

こういったやりとりを数回すると、結局、何がなんだか分からなくなる。わからないことを先生に聞くとなぜ怒られるのか、私にはさっぱり意味が分からない。さらに work を間違えただけで、なぜ先生に怒られるのだろうか。そんなことって本当にあるのだろうか。ところどころ、ウソが混じっているような気がしないでもないが、実際の授業の様子がわからないから、なんともいえない。息子はすべて本当のことを言っているのかもしれないし、そうじゃないかもしれない。また、あまり詰問してしまうと、ヘソを曲げて何もしゃべらなくなってしまう。

子供のウソや、学校での出来事に対して、親はどのように対応すればよいのだろうか。前回の Love and Logic, Part I に引き続き、今回は実践編を以下に詳しくみていこう。気になる方は、続きをどうぞ。


本書は、3歳から12歳程度の子供に対し、親がどういう言動をすべきかを説いた育児の指南書である。「Love and Logic」と名付けられた技法を用い、子供をどのように導くかを、多数の事例を交えながら紹介する。前回の記事でも述べたように、Part 1 では、「Love and Logic」の基礎について述べられており、Part 2 では、応用編として、いろいろな場面での「Love and Logic」の適用例が紹介されている。今回の記事では、Part 2 の中から、学校関係の事例を中心に3つほど、とりあげてみよう。前回の記事をまだ見ていない人は、そちらをさきにどうぞ(前回の記事)。


ウソやごまかし (Lying and Dishonesty)


冒頭で書いたように、最近、5歳になった息子がウソをつくようになった。どうしたもんだろうか、と悩んでいたら、本書には次のような記述があった。

幼稚園から小学校2年生くらいまで、ほとんどの子供はウソをつくようになる。
(Most children, from kindergarten through about the second grade, go through a lying stage.)


なんてことはない、ただ、子供が成長して、そういう時期に入ったということらしい。そして、冒頭で述べたような子供のウソに関していえば、特に気にしなくてもいいそうだ。なぜなら、子供がウソをついているかどうかなんて、分かりようがないのだから。(because, frankly, we don't know if they're telling the truth or not!)

とはいえ、実際に自分が目撃した子供の行動に対して、明らかに子供がウソを言っているような場合は話が違ってくる。そういったとき、例えば、次のように言うだろう。「いま、友達の顔を叩いたね。君が何と言おうと、お父さんは見たよ。さあ、どうするつもりだい?」起きてしまったことは、子供の責任である。そこで問うべきことは、子供が次に何をするつもりか?である。
(However, if we know our child is lying - if we've caught him or her in the act - then the game is over. We say, "Celeb, you did hit Bryce in the face. No matter what you say, I saw you do it. Now how are you going to make it right?" The act has occurred; the child is guilty. The only question is what is the child going to do about it?)


一方、子供が正直に真実を話したとき、親は子供を責めるのではなく、子供を支えてあげるように返答すべきである。例えば次のように。「正直に言ってくれてありがとう。お父さんに正直に伝えるのは大変なことだと思うし、自分の失敗認めることもまた大変だよね。とってもツライよね。」そして、これでこの問題は終わりである。
(When kids to tell the truth, Love and Logic parents respond with support. We must say, "Thank you for being honest. I'm sure it was hard for you to tell me that. I bet it was hard on you to know you made that mistake. That is really sad." Then we drop the issue.)


ということで、小学校低学年までなら、ウソをあまり気にする必要はなさそうだ。それよりも、子供のウソともホントともとれない発言に対して、親の勝手な解釈によって子供を傷つけたり、子供の信頼をなくしてしまうようなことがないよう、気をつけたい。



先生と学校での問題 (Teacher and School Problems)



子供が保育園や幼稚園、小学校といった集団生活を体験するようになると、子供は当然いろいろなトラブルに巻き込まれる。場合によっては、自分の子供がトラブルメーカーとなり、先生から親が呼び出しをくらうこともよくあるだろう。男の子の場合は特に。そういったとき、先生とも良好な関係を築けると、子供も学校でのトラブルが減るかもしれない。そのためにも、親は先生に対してどういう態度をとるべきだろうか。

本書によれば、先生と良好な関係を築く親は、次に書いたような魔法の言葉を先生に対して用いる
(Parents who get the best results with teachers are ones who use the magic word describe)
、とある。

学校で起きたことをきちんとメモし、そして私の解釈があっているかどうか聞いてほしいのですがよろしいでしょうか?
(I'd like to describe something that's happening and then give you my interpretation of it)


そのことについて、先生がどのように考えているか、聞かせてもらえないでしょうか?
(I'd like to get your thoughts on that)


この問題を解決するにあたり、私たちにはどういった選択肢が考えられるでしょうか?
(What kind of options are available for solving a problem like this?)


自分の子供が学校でどのように振る舞っているか、一番よく知っている人は、親ではなく先生である。逆に親は、子供が学校でどんな様子であるか、全く知らないし、知る術もない。にもかかわらず、先生から「おたくの息子さんが...」なんて言われようものなら、「うちの子がそんなことをするはずがない。そんなことは何かの間違いだ。先生が悪いんじゃないですか?」と思わずつめよりたくなる心境に親はなってしまうかもしれない。もしくは、自分の子供に「あんた何をやらかしたんだ!」と責めてしまうこともあるかもしれない。しかし、ここで大切なことは、学校の先生と敵対することではなく、敬意を表して先生の意見を聞くことである。そうすることで、親はなにが問題かを知ることができるし、なにより子供を責める必要もなくなる。そういった対応は、親にも子供にも有益であろう。そして、どんなときにおいても、コミュニケーションの基本は「相手を敬う」ことであるのなら、学校の先生に対してはなおさら敬意を表して接するべきであろう。なにはともあれ、先生も同じ人間なのだから。


宿題 (Homework)



「宿題」という言葉を聞いて、ハッピーになる人はなかなかいないだろう。それこそ子供が学校から「宿題」を持ち帰ってくると、親は自分の子供のころの記憶がよみがえってきて、さっさと終わらせたい衝動にかられることだろう。しかし、本書は次のように警告する。

あまりにも多くの親たちが、「子供の学校の宿題が親の問題だ」という勘違いの罠にはまっている。
(Far too many parents get sucked into the trap that somehow their children's schoolwork is the parents' problem)


子供の宿題は子供の問題である。親の問題ではないし、親がやっても意味が無い。さらに、子供が宿題をやっているにもかかわらず、子供の解答に間違いを見つけると、頼まれもしないのに親は訂正させようと口をだしてしまう。その結果、子供のヤル気までをも削いでしまい、最終的に子供は宿題が嫌いになる。子供の宿題に関して、親が口出しできる余地は非常に少ない。子供に聞かれたら、その聞かれたことだけを答えればいいらしい。そうはいっても、宿題をやらずにゲームばかりをしている子供をみると、ついつい「宿題をやったの?」と口を出してしまう。そんなときはどうすればいいか。本書には次のようにかかれている。

親は子供に、宿題をやる場所(ダイニング、キッチン、または子供部屋)と時間を選ばせるようにする。さらに、子供が宿題をやるかやらないかを選ばせる。その結果、実際に宿題をやるか、宿題について考えるか、の2択を子供は選ぶことになる。(We allow the kids to choose the place (dining room, kitchen, or their room) and time. We even allow them to choose whether to study or not. After all, there are two ways to lean: through actually doing their homework or they can think about their homework)

ここで大切なことは、子供が選んだ選択肢を尊重してあげることだ。例えば、子供が「ゲームが終わったら、宿題やるよ」と言ったら、親はその意見を尊重してあげなければならない。もし仮に子供が宿題をやらなかったとしても、その結果、先生に怒られるのは子供であり、それは親の責任ではなく、子供の責任である。前回の記事でも書いたように、子供の失敗を許してあげることが愛情なら、子供が宿題をやらなくて先生に怒られるのを黙って見守ることも、親の愛情であろう。むしろそこで親が子供の宿題を手伝ってしまうなら、それは子供の成長する機会を奪ってしまっていることに親は気付かないといけない。

子供の宿題について、親は何も言わない。子供に何か聞かれたら、その聞かれたことだけを答えるようにする。これが宿題に対する親の心構えであるものの、実際にやろうとすると、これがまた、なかなか大変なことである。



本書には、この他にも様々な有益な情報が載っていた。例えば、雑用、創造力、危機的状況、ペットの面倒、子供部屋の整理整頓などなど、育児をしていると遭遇する具体的場面での親の対応の仕方が詳しくかかれていた。とても全部は紹介しきれないので、ここでは割愛させていただいたものの、詳しく知りたい方は本書をどうぞ。


・ハードカバー (Amazon.co.jp での Kindle 版は不明)
Parenting With Love And Logic: Teaching Children Responsibility
Foster W. Cline Jim Fay
Navpress
売り上げランキング: 33,367



・日本語訳もあるらしい (品薄なので注意)
子育て「愛ことば」―この語りかけで、子どもが変わった!
フォスター クライン ジム・フェイ
三笠書房
売り上げランキング: 585,298


------ lhfluxの評価 ------
総得点 (15点満点) : 15 点
内訳
文章 (1-5) : 5 点, 内容 (1-5) : 5 点, 感動 (1-5) : 5 点
-----------------------------------


Part 2: Love and Logic Parenting Tools How to Use Love and Logic Pearls
1. Allowance/Money
2. Anger: When It's Appropriate
3. Bedtime
4. Bossiness
5. Bullies
6. Car Wars: Backseat Battles
7. Chores
8. Church: When Kids Don't Want to Go
9. Creativity
10. Crisis Situations
11. Discipline 101
12. Discipline in Public
13. Divorce and Visitation
14. Eating and Table Manners
15. Entitlement
16. Fears and Monsters
17. Fighting
18. Friends
19. Getting Ready for School
20. Giving Gifts
21. Grades, Underachievement, and Report Cards
22. Grandparents
23. Homework
24. "I'm Bored" Routine
25. The Internet
26. Lying and Dishonesty
27. Nasty Looks and Negative Body Language
28. Pacifiers
29. Peer Pressure
30. Pet Care
31. Picking Up Belongings
32. Professional Help:
33. The Room: Keeping It Clean
34. The Room: Keeping the Kids in It
35. Sassing and Disrespect
36. Spanking
37. Sports
38. Stealing
39. Swearing and Bad Language
40. Teacher and School Problems
41. Teeth Brushing
42. Telephone Interruptions
43. Television Watching
44. Temper Tantrums
45. Toilet Training
46. Values: Passing Them On to Your Kids
47. Video and Computer Games
48. Whining and Complaing
Appendix A - The Three Types of Parents
Appendix B - Turn Your Word into Gold:
The Art of Enforceable Statements for the Home
Notes
Index
Authors


【関連記事】
息子が学校でやらかした件:Parenting with Love and Logic (F. Cline and J. Fay), Part 1
子どもの話にどんな返事をしてますか? (ハイム・G・ギノット)
ユダヤ式「天才」教育のレシピ (アンドリュー・J・サター & ユキコ・サター)
0歳から育てる脳と心−8つの才能を伸ばす33のルール (森田 勝之)
エピソードで学ぶ乳幼児の発達心理学 −関係のなかでそだつ子どもたち− (岡本依子・菅野幸恵・塚田-城みちる)


いつも訪問していただき、ありがとうございます!

このブログは週1回の更新頻度ですので、RSSリーダー登録をしておくと便利です。

Feedly の場合はこちらのリンクからどうぞ。

Feedly へのリンク

Feedly のリンク先で、「おでこのめがねで読書レビュー」の右側にある +add ボタンを押せば、登録できます。

どうぞよろしくお願いいたします。




↓↓書評ランキングはこちら↓↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
posted by lhflux at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/353417691

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。