2013年02月04日

息子が学校でやらかした件:Parenting with Love and Logic (F. Cline and J. Fay), Part 1


scream and shout / mdanys


「子育て」、それは親にとって最大の喜びであるとともに、最大の試練でもある。

5歳の息子がハワイの小学校 (といっても学年は幼稚園クラスに相当) に通い始めて、しばらくしたある日のこと。いつものように息子を迎えにいくと、友達の女の子の様子がちょっとおかしい。

「私は彼にすごく失望したわよ。」

どうやら、そんな感じのことを彼女はつぶやいていた。しかしそう言われても、こちらは状況がよく飲み込めない。いったい息子は何をしたんだろうと思いながら先生に挨拶をすると、先生が急に話しだした。

先生:「今日、あなたの息子さんが突然、小学校の壁にオシッコをしだしたのよ。」

私:「ふーーん。んっ!???。えっ!!???」

先生:「そうなのよ。壁にオシッコしたのよ。私ももうショックで。普段はいい子なのだけれどね。今まで子供をみてきて私もこんなこと初めてだから。ベラベラベラベラ・・・」

ただでさえ英語力が乏しいのに、それに加えて自分の想像を超えた話をされると、状況の把握が大変に困難である。とはいえ、どうやらうちの息子は小学校の壁にオシッコをしたらしい。なにをどう考えても、普通の状況ではなさそうだ。なんちゅうこっちゃ。壁に小便とは!!!すぐに息子を呼びつけて怒鳴りつけたくなる衝動にかられる。となりで話を一緒に聞いていた妻は、すでに取り乱し始めている。私も動揺しつつも、それでもなんとか冷静になるよう努め、やっとのおもいで次の言葉を絞りだす。

私:「わ、わかりました。私も彼とよく話してみます。」

先生:「そうですか。それは助かるワ。よろしくね。ベラベラベラベラ・・・」

その後、息子に様子を聞くも、「うーん、忘れた」とか、「覚えてない」といったツレナイ返事しか返ってこない。それでも、絶対に怒らないと約束して、粘り強くせまると息子がようやくしゃべりだした。

息子:「うーん、なんか先生のいっていることがよく分からなかったんだよねぇ。僕がトイレにいっていい?って聞いたら、ダメって言われたような気がしたんだよねぇ。それで壁にオシッコしたの。」

私:「へー。んっ!!!?????」

それを聞いた私はますますパニックである。まあ、ハワイに来てそれほど時間が経っていないのだから、英語が分からないのはしょうがない。それは認める。でも、「トイレにいっていい?」と聞いて「ダメ」という先生なんて本当にいるのだろうか。しかも相手はまだ5歳の子供である。そんなバカな。それでも百歩ゆずって仮に「ダメ」と言われたとして、それでなんで壁にオシッコする発想になるのだろうか。ちょっと理解に苦しむ。そもそも先生からはそんな説明がなかった。ひょっとして息子がウソをついているのだろうか。慣れない環境で息子の心が壊れそうになっているのだろうか。それとも自分が何か重大なミスをおかしているのだろうか。怒らないと約束したものの、なんともしがたい衝動にかられる。うーーん、こんなとき、どうする?どうする、オレ???



しかし、今にして思えば、こんなのはまだまだ序の口である。というのも、5歳児だから「壁に小便」程度ですんだものの、これが10代になると、ドラッグ、性交、犯罪、殺人と話はもっと深刻になる。本書の著者は、小さな子供をもつ親に、次のように警告する。

もし、お店売り場で5歳児をうまく扱うことができなければ、その子が15歳になったときにどうなるか想像してみてみよう。15歳にもなれば、性的な衝動も覚えるし、車の運転免許も取ろうとする(アメリカは16歳から免許がとれる)。そう聞いて不安を覚える人は多いはずだ。
(Many of us have felt queasy after a thought such as this: If I can't handle a five-year-old in a grocery store, what am I going to do with a fifteen-year-old who seems to have an enormous understanding of sex and is counting the days until he gets a driver's license?)


たしかに、5歳児を今のうちからうまく扱うことができなければ、この先、ドラッグ、性交、犯罪といった、さらに手におえない問題が次々と襲いかかってくるだろう。しかも年齢があがるにつれて、その深刻度も増していく。なんとか5歳児のうちに手をうたねば。とはいえ、「壁に小便」をした5歳の息子をどう扱うべきだろうか。その答えを本書に求めてみる。以下、続きをどうぞ。なお、本書がかなり充実していたので、記事を2回に分けて紹介してみる。
本書は、親が3歳から12歳程度の子供に対してどのように接するべきかを説いた子育ての指南書である。口語的な文章でかかれていて、英語もそれほど難しくない。また、実例を多くとりあげていて、大変わかりやすい。ただし、分量が多いので、読み終えるのにたいへん時間がかかってしまった。全部で2部の構成になっており、Part 1 では「Love and Logic」と名づけられた子育ての基礎となる考え方を説き、Part 2 では「雑用」や「就寝」、「けんか」といった具体的な場面での「Love and Logic」の適用方法を紹介している。今回はそのPart 1 の基礎となる考え方をみていく。まずはじめに、本書が考える「Good Kids」について紹介し、次に、そのような子供へとなるために親がするべき行動をシンプルにまとめてみよう。


Good Kids


まずはじめに、「良い子」とはいったいどういう子供のことをさすか考えてみよう。「良い子」とは、親のいうことを忠実に守るような子供のことをさすのだろうか。それとも勉強のできる子供のことをさすのだろうか。本書が目指す Good Kids とは、自分の頭で物事を考え、自分の判断で人生を歩んでいくような子供のことをさす。ひとことでいえば「自立した子供」を育てることになる。自立した子供は、たくさんの友達をもち、雑用もきちんとこなし、学校で問題を起こさない。そういった子供は日々の生活に責任をもった行動がとれる。本書では、次のように表現されている。

Children with a good self-concept tend to have a lot of friends, do their chores regularly, and don't get into trouble in school - they take responsibility as a matter of course in their daily lives.

では、責任感の強い子供は、どのような家庭で育つのだろうか。本書には次のような興味深い記述があった。

責任感の強い子供は、「責任感」という言葉を決して使わないような両親の下で育つ。実際に、「責任感」というのは教えることができない。自分で身につけるものである。子供が責任感を身につける手助けをするために、親は責任感を養う機会を子供に与えるべきである。
(The most responsible children usually come from families in which parents almost never use the word responsibility. It's a fact: Responsibility cannot be taught; it must be caught. To help our children gain responsibility, we must offer them opportunities to be responsible.)


これは親にとってなかなか耳が痛い言葉である。というのも、家で子供がゲームばかりしていると、ついつい「宿題をやりなさい」とか、「明日の用意をしなさい」という言葉を投げかけてしまう。しかし、これは逆にいうと、「どうせ私が言わないと宿題はやれないんでしょ、明日の用意は自分で責任をもってできないんでしょ」という言葉を子供に投げかけていることを暗に意味する。つまりこういった小言は、子供に対して「自分のことは自分で責任をもってやりなさい」と言っていることに等しい。しかし本書によれば、そういった親の干渉下では、子供の責任感を育てることができないと警告する。

では、いったいどうしたらよいのだろうか。本書の提案する方法はシンプルで、次の2つだけに注意すればよい。それらは、「子供に選択権を与える」ことと、「失敗をゆるす」ことである。ひとつずつ見ていこう。


子供に選択権を与える


子供に選択権を与える効用として、本書は次のように説明している。

簡単な問題に対して意思決定を行う練習を小さいころからしていると、そういった子供は、自分の生活を自分自身で考え、管理することができるようになる。その結果、青年期に入ると、酒、ドラッグ、性交などの誘惑に関して友達から誘われたとしても、周りに流されにくくなる。
(Allowing children at a young age to practice decision making on simple issues teaches them to think and control their own lives. Then when adolescence hits, they will be less susceptible to peer pressure regarding alcohol, drugs, sex, and other temptations.)


さらにこう続く。

良い選択をすることは、他の活動と同じように学ぶべきであることを、親は理解すべきである。
(We must understand that making good choices is like any other activity: It has to be learned.)


親は小さい子供に対して、ついつい「早く来なさい!」とか、「お風呂に入りなさい」といった命令口調になってしまう。それに加えて、「こっちの服の方がキレイだから、こっちを着ていきなさい」とか、「お昼はお肉だったから、今夜は魚を食べようね」といったように、ついつい子供の行動を支配しようとしてしまう。それがエスカレートすると、子供の友達や子供が受験する学校、さらには就職する会社まで親が決めてしまうことになる。しかし、こういった親の言動は、子供が自分で意思決定する機会をことごとく奪っていることに親は気付いていないのだと、本書は忠告する。なぜなら、そういった親の下で育った子供は、自分で意思決定する習慣がないため、甘い誘惑に流されてそのまま溺れていってしまうから。

そこで本書では、次に示すように、親が「〜しなさい」と命令する代わりに、子供に質問をしたり、選択を与えることを提案している。

親は子供に質問したり選択権を与える。子供に「〜しなさい」と命令する代わりに、親は子供の肩に意思決定という重荷を背負わせることになる。
(They ask their children questions and offer choices. Instead of telling their children what to do, they put the burden of decision making on their kids' shoulders.)


例えば、子供がゲームを終わりにするように導くには、「宿題をやりなさい」と言う代わりに、「ゲームをあと5分した後、宿題をする?それとも明日の学校の用意をする?」といったような選択権を子供に与えることを本書では推奨する。そうすると、子供は命令口調に対して敵対する代わりに、質問の答えを考えることに意識がいき、結局は5分したらゲームをやめることになる。そしてこういった質問は、子供の意思決定力を養うことへとつながる。

子供に選択権を与えることは、自分で考え、自分で判断し、自分の決定とともに生きることを子供に教えることになる。
(It will teach them to think, to decide, and to live with their decisions.)


そして、面白いことに、上で提案された方法を利用してみると、意外とすんなり子供は行動したりする。ただし、親が選択肢を用意するとき、明らかにどちらか一方を選ばないと損するような選択肢は避けるべきである。例えば、「宿題をやるか、ゲームを捨てるか、どっちにする?」といったような質問ではいけない。それでは、子供に選択の権利を与えていることにはならず、実質的に、「〜しなさい」と命令しているようなものである。

ここで示したのは、ほんの一例にしかすぎない。しかし、本書には数多くの実例とともに、様々な場面に応じた親の言動について示されているので、詳しく知りたい方は、本書をどうぞ。


失敗をゆるす


上の「選択権を子供に与える」ことに関連し、子育てにおいて大変重要で、親にとって大変に難しいことが、2つ目の「失敗をゆるす」である。まずは、本書の説明をみてみよう。

あまりにも多くの親たちが、愛、保護、世話の区別がついていない。これらの概念は同意語ではない。親たちは、子供が失敗することをゆるせないかもしれない。なぜなら、子供が失敗することを放置することは、世話をしていないためだと親は思うからである。したがって、親は心配や気遣いという名のもとに、子供を修正しまくる。
(Too many parents confuse love, protection, and caring. These concepts are not synonymous. Parents may refuse to allow their children to fail because they see such a response as uncaring. Thus, they overcompensate with worry and hyper-concern.)


しかし、こういった親の干渉は、子供にとって悪影響を及ぼす。本書は次のように続く。

そうやって育てられた子供は、人生に挑戦することを知らない。子供たちの習得する機会が親たちのいう「愛」という名のもとに奪われているのである。
(Such children are unequipped for the challenges of life. Their significant learning opportunities were stolen from them in the name of love.)


ではどうすべきか。答えはシンプルである。そして、それこそが真の愛だと本書はいう。

愛とは、子供が失敗することをゆるすことであり、子供が間違った選択とともに生きることをゆるすことである。
(love that is powerful enough to allow kids to make mistakes and permit them to live with the consequences of those mistakes.)


失敗をゆるすといっても、子供の生命に危険が及ぶようなときや、大ケガをしてしまうような場合は親が即座に介入しなければならない。しかし、そうでなければ、子供の失敗をゆるし、それを見守ってあげることが真の愛だと本書はいう。そのいい例が、子供番組の「おさるのジョージ (DVD box)」に登場する「黄色い帽子のおじさん」である。内容としては、お猿の「ジョージ」がいろんなことに挑戦しながら、どんどん賢くなっていき、様々な難問を解く子供向けの娯楽である。これを見ていると「ジョージ」の賢さばかりが目につくものの、最も偉大なのは「ジョージ」よりもむしろ、その保護者にあたる「黄色い帽子のおじさん」である。自分が「黄色い帽子のおじさん」の立場にたったとき、はたして「黄色い帽子のおじさん」と同じ行動がとれるだろうか、と考えれば、彼がどれだけ偉大かがわかると思う。例えば、お風呂のバスタブがカエルまみれになっていたとしても、「黄色い帽子のおじさん」は、決してジョージを怒鳴り散らすことはせず、ジョージの失敗を寛大にうけとめてあげることができる。子供の失敗をゆるすには、人間としての器の大きさが親に試されているのであろう。

失敗をゆるすことは、親にとってかなりの苦痛である。特に減点方式で物事が進行する日本では、失敗をしないようにする必要があるのに、失敗を見守らなければならないなんて、ゆるし難いと感じることだろう。しかし、子供を育てために親がすべきことは、子供の失敗に寛容になることである。耐え難きを耐え、忍び難きを忍び、これからもずっと続いていく子供の未来のために、寛容への扉を開きたい。そんな親へ向けて、本書は次のようにエールを贈る。

子育てへの挑戦とは子供の失敗をゆるしてあげれるような愛を身につけることである。
(The challenge of parenting is to love kids enough to allow them to fail.)


息子のその後


随分はなしが長くなってしまったけれども、ここで冒頭で述べた息子の話に戻そう。私にとって全くもって理解不能な発言をしていた息子。「黄色い帽子のおじさん」の寛容な心をみならって、私も辛抱強く、息子に詳しく話を聞いてみた。といっても、刑事ドラマのように詰問しても、答えてもらえるわけがない。そこでお互いリラックスできるように座り、できるだけやさしく息子に問いかけてみた。

私「今日、学校の放課後に何して遊んだの?」

息子「親友のK君と遊んだんだ。」

私「へー。それで?」

息子「一緒にドブにあった泥で遊んでたんだよ。」

私「泥で遊んでたんだ。楽しかった?」

息子「うん。K君と、ウンコだー!と言ってたの。アハハ。」

私「ブリブリだねぇ。盛り上がったでしょ?」

息子「うん。二人で大笑いしてた。でも、それで先生に怒られて、timeout (日本でいえば廊下に立たされるようなこと) になったんだよね。そしたら、僕、トイレに行きたくなったの。それで先生にトイレに行っていいか聞いたんだよね。そしたらダメって言われたような気がするんだよね。」

私「おしっこ?それともウンチ?」

息子「おしっこにきまってるでしょ。ウンコだったらやばいよ。それでトイレに行こうと思ったけど、トイレには一人で行っちゃいけないし、それでどうしようか考えて、しょうがないから壁におしっこしたんだよ。」

私「あー、そうなんだ。学校では一人でトイレに行っちゃいけないの?」

息子「そう。誰か友達と一緒にいかないといけないんだよね。あー、それと先生でもいいんだよ。」

私「へー、そうなんだ。それは大変だったねぇ。でも、壁にオシッコしていいの?」

息子「だめだよ。」

私「そうだよねぇ。うーん。じゃあ、次も同じようになったら、どうしたらいい?」

息子「そうだなぁ。壁にオシッコしちゃいけないから、うーーん。あ、そうか。先生がダメだといったら、友達に一緒に行ってもらえるか聞けばいいんだ。」

私「おー。いいねぇ。じゃあ、友達がダメだったら?」

息子「うーーん。あ、他の先生に聞けばいいんだ。」

私「おー、いいアイデアだねぇ。これで次はもう大丈夫だねぇ。ところで、学校は楽しい?」

息子「うん!」

私「そいつはよかった。」

はたして、私の対応が正しかったかどうか、確かなことは何もいえない。もっといい方法があったのかもしれない。とはいえ、息子の話を聞いたあとに思ったことは、とりあえず怒鳴り散らさなくてよかったということである。それと同時に、自分とは違った視点で物事をとらえている息子に、なんとも頼もしさを感じる。自分が思っている以上に子供は十分に成長しているのだろう。子育てというのものは、親が子供を育てるというよりはむしろ、親が自分の人間性を試されているのではないか、と痛感させられる場面によく遭遇する。そして、子供の成長を見ていると、親としての喜びを感じるとともに、自分もまだまだ成長しなければいけないと常々おもう。本書には次のような言葉があった。

賢い子供は日々鍛錬を怠らない。しかし、他人をバカにするような人は他人の忠告を聞かない。
(A wise child loves discipline, but a scoffer does not listen to rebuke)


これはそのまま、親にも当てはまるのだろう。子供の未来を憂う前に、親もやるべきことはたくさんある。そう思ったら、今すぐアマゾンアタック!!!

・ハードカバー (Amazon.co.jp での Kindle 版は不明)
Parenting With Love And Logic: Teaching Children Responsibility
Foster W. Cline Jim Fay
Navpress
売り上げランキング: 33,367


・日本語訳もあるらしい (品薄なので注意)
子育て「愛ことば」―この語りかけで、子どもが変わった!
フォスター クライン ジム・フェイ
三笠書房
売り上げランキング: 585,298


・Amazon.com のKindle 版はこちら -> Parenting with Love and Logic: Teaching Children Responsibility


------ lhfluxの評価 ------
総得点 (15点満点) : 15 点
内訳
文章 (1-5) : 5 点, 内容 (1-5) : 5 点, 感動 (1-5) : 5 点
-----------------------------------

Contents
Foreword to the Second Edition
Introduction
Part 1: The Love and Logic Parent
1. Parenting: Joy or Nightmare?
2. Mission Possible: Raising Responsible Kids
3. Responsible Children Feel Good About Themselves
4. Children's Mistakes Are Their Opportunities
5. Setting Limits Through Thinking Words
6. Gaining Control Through Choices
7. The Recipe for Success: Empathy with Consequences
8. Lights, Camera, Parenting!


Part 2 は次回。

【関連記事】
うちの子供が嘘をついたった orz:Parenting with Love and Logic (F. Cline and J. Fay), Part 2
子どもの話にどんな返事をしてますか? (ハイム・G・ギノット)
ユダヤ式「天才」教育のレシピ (アンドリュー・J・サター & ユキコ・サター)
0歳から育てる脳と心−8つの才能を伸ばす33のルール (森田 勝之)
エピソードで学ぶ乳幼児の発達心理学 −関係のなかでそだつ子どもたち− (岡本依子・菅野幸恵・塚田-城みちる)


いつも訪問していただき、ありがとうございます!

このブログは週1回の更新頻度ですので、RSSリーダー登録をしておくと便利です。
例えば、無料のGoogle リーダーを利用する場合は次のようにすればOKです。

1. Google リーダーにアカウントを作成もしくはログインする。
2. 画面の左上にある「登録フィードを追加」の項目をクリック。
3. このリンクをコピーして貼付ける。

すると、ブログが更新されるたびに自動的に表示されます。

どうぞよろしくお願いいたします。


↓↓書評ランキングはこちら↓↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

posted by lhflux at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。