2011年01月29日

COURRiER Japon (クーリエ・ジャポン)2011年3月号

私には今3歳の息子が1人だけいる。世間様の言葉を使えば「一人っ子」である。ときどき、知り合いや親戚からこう聞かれる。

「息子さん、かわいいねぇ。で、二人目はいつ?」

この質問ならまだよい。しかしひどいのは、息子がおもちゃ売り場で「帰りたくな〜い」と駄々をこねているときの世間様のつぶやきである。地べたに寝転んで大泣きしている息子をみて一言。

「あらら...。まあ、一人っ子だしねェ...」

ど、ど、どういう意味?と、一瞬ためらう。そこで、この意味を私なりによく考えてみると、"一人っ子はわがままだから、駄々をこねているのもしょうがない"となった。でも本当にそうなのだろうか、と科学者の私は思わず疑ってしまう。そこで、まわりをよく観察してみる(「観察」というのは科学の基本である)。すると、同じような3歳くらいの子供で駄々をこねている子には、なにも一人っ子に限らず、兄弟がちゃんといるケースもよくみかけるのだ。そして、それは日本に限らず、サンフランシスコやハワイでも同じであった。はたして、「一人っ子が自分勝手」というのは本当なのだろうか。

まあ、たとえウソだろうとホントウだろうと、いずれにせよ息子は育つのだ。そんなことよりも、息子が将来大きくなって、自分の才能をフルに活かして社会生活を楽しんでもらえれば、それでいいではないか。自分勝手かどうかよりも、むしろそっちの方が息子にとってずっと大切であろう。そう思って息子を眺めると、またまた疑問が沸いてくる。

「うちの子にはどんな才能があるのだろうか?いや、ちょっと待て。そもそも才能って何?

私のそんな疑問に答えるべく(?)、今月号のクーリエ・ジャポンは特集を組んでいた。その表紙にはこうあった。

最新科学が迫る"成功の秘訣"
「才能がある人」はここが違う


以下に、私が興味をもった今月号の内容を簡単に紹介してみる。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
世の中には、革新的理論を思いつく学者や、人並みはずれた発想ができる経営者、超人的な記録を残すスポーツ選手たちが存在する。彼らの”天才的”と呼ばれる能力は、いったいどこからくるのだろうか?

この疑問について、世の中には大きくわけて主に2つの説がある。ひとつは、「才能は生まれつき持っている」とする説。もうひとつは、「才能は生まれた後にきまる」とする説である。後者の、「生まれた後にきまる」とする説にはさらに2つあって、努力によって決まる説と、環境によって決まる説である。その結果、考えうる仮説は、次の3つになる。

・才能は生まれつき決まっている
・才能は生まれた後の努力によって決まる
・才能は生まれた後の環境によって決まる

今回の特集では、これら3つをバランスよく紹介している。ここでは、どれがすぐれているだとか、どれが最も確からしい、というような結論を述べるのではなく、現時点でこういった考え方があって、それぞれをサポートする論理は、うんぬんカンヌンという内容である。私個人としては、ほぼ結論がでているものの、それについては後日、紹介することにしたい。

才能に対しての結論はともかく、「自分のIQはいったいどれくらいだろう?」と思う読者も中にはいるだろう。そういう人のために、知能テストのサイトの紹介もあった。下記にリンクを貼っておいたので興味ある方はどうぞ。ただし、すべて英語である。私のように英語に慣れていない人は、「言語的推理」に挑戦すると面白いかもしれない。具体的にいうと、ある絵をみて「円は四角の中に入っていない。これは正しいか?」という問いに True or False で答えるだけのシンプルなテストである。ただし、これを英語で言われて、それを瞬時に答えるとなると、かなりハードルが高く、なかなかの英語の訓練になる。

サイトはこちら→究極の知能テストに挑戦!(ケンブリッジ脳科学:無料登録が必要)

才能について結論がでていないように、冒頭で述べた「一人っ子は自分勝手なのか」という問いについても、今回の特集では肯定も否定もしていない。つまり、結論はでていないのだ。特に、「一人っ子だから自分勝手」という理論は、人々の勝手な思い込みが先行している、と警報を鳴らす。逆にそういった思い込みが一人っ子に対してプレッシャーとなっていて、一人っ子の家族や子供を苦しめる原因ともなっているようだ。世間の勝手な思い込みが、罪のない人々を苦しめているのかと思うと、あまり無責任な発言をしないよう気をつけたいものである。

特集の他にも、今月号には私が面白いと思った記事がいくつかあった。タイトルだけでも雰囲気を楽しめるので、それらを列挙してみる。

・初心に立ち返るGEの超長期的・経営戦略
・アップルやMSが協力して創った「HTML5」って何?
・米国発のセクシー旋風が日本上陸!「HOOTERS」の新人研修ルポ
・物語が「あなたを」追いかける"トランスメディア"の衝撃
・悪ガキ教授の「もっとヤバい経済学」:「肌の色」で商品の売り上げが変わる?

そして、今月号も残りあと数ページとなったころに、ノーベル経済学者のポール・クルーグマン教授の記事を発見する。今まではかなり冒頭付近に掲載されていたのに、それが気がつけばこんな末尾に追いやられてしまうなんて...。限りのある人気、ですな。


COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2011年 03月号 [雑誌]COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2011年 03月号 [雑誌]

講談社 2011-01-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓↓書評ランキングはこちら↓↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

posted by lhflux at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。