2009年09月13日

経営予測エイジ 2009年8月号

レビュープラスさんからこの雑誌を献本していただいた. どうもありがとうございます.

まず、雑誌をパラパラと見て最初に驚いたことは、広告記事が背表紙と裏表紙にしかないことである. おそらく、この雑誌が広告収入ではなく、ほとんど読者の年間購読料だけで利益をあげるビジネスモデルにしているからであろう. そのため、書店やコンビにでみかける雑誌のような表紙のハデさもなく、一見したところ地味な印象を受ける. 販売元も書店ではなく、ホームページによる直接販売が基本と思われる. 大手雑誌に見られるような莫大な広告費をかけたマスマーケティングというよりは、徹底的に無駄を省いたニッチ層向けの販売戦略なのである. 私も本雑誌を今回始めて知った. そして今年が36周年目を迎えたそうだ. 世の中には自分の知らないことがまだまだいっぱいあることを改めて知った.

内容は、幅広いジャンルの雑誌の中から経営に関係しそうな記事を1〜2ページに要約して紹介するものである. 取り扱っている雑誌も幅広く、"週刊エコノミスト"や"フォーブス"といったメジャーな雑誌から、"月刊石垣"や電池工業会機関紙"でんち"といった私が始めて聞いた雑誌までいろいろである. "国内経済と経営戦略"および"国際経済と経営戦略"という2つの柱をメインとして、このようないろんな雑誌の中から関連する記事を紹介している. 長期的な視点に立ち、広く浅くをモットーに編集しているため、編集者の力量がそのままでてしまうと思われる. この雑誌を読んだ印象としては、広告がないせいか、経済に対する楽観的な記事よりは、中立的な記事を紹介しているように見受けられる. 広く経営戦略に関する情報を集めたい玄人向けの雑誌であろう.

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
雑誌の後半部分では、"ミニ予測"と題して今後人気がでてきそうなトピックについて扱っている. そこで私が気になったひとつの記事についてコメントしてみる.

その記事とは、"ちくわパン"である.

どうやら、ちくわパンが札幌発でにわかブームになっているらしい. ちくわパンとは、ホットドックのように、ちくわをパンで挟み、ちくわの中にツナや納豆やカレーなどをいれたいろんなバリエーションが可能なパンだそうだ. 今後、全国展開する可能性もあるそうだ. あまりおいしそうなイメージが沸かないが、札幌で人気が出たということは、それなりにおいしいのだろう. というのも、札幌で人気がでたお菓子は全国的なヒットにつながる可能性が高いらしく、マーケティングの市場調査としてまず札幌で販売してみて様子をみるということが多いという噂をきいたからである. 今後、コンビニのパンコーナーでは、ちくわパンに注目してみよう.



Fujisan.co.jpへ



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
posted by lhflux at 06:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

ちくわパン???
イメージがわかないですね^^;

でも見てみたい♪
Posted by 93chan at 2009年09月13日 09:51
93chanさん、コメントありがとうございます.

ちくわパンの形は、ホットドックのようなもので、ホットドックのソーセージをちくわに置き換えたものらしいのですが、私の場合、味のイメージも全くできないです.

もし食べたときは、是非、感想を聞かせてください. 私はちょっと食べるのが怖いです.

Posted by lhflux at 2009年09月13日 14:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。