2009年08月09日

凡人起業 (多田 正幸)

総得点 (15点満点) : 11 点

内訳
文章 (1-5) : 3 点, 内容 (1-5) : 4 点, 感動 (1-5) : 4 点

思わずタイトルをみた瞬間に衝動買いしてしまった本である. 非常にシンプルで私にはそそられるタイトルである. 中身をみずとも、タイトルだけから"われわれ凡人でも起業できるのだ"という熱い想いが勝手に伝わってきた. 起業関係の本を読んでいると、成功するためには優秀な人材が必要だとか、自分の並外れた才能があったお陰で成功できたとか、そんな話がけっこう多い. ウェブ5つの定理でも、起業して成功するのは凡人には無理だみたいな風潮があった. しかしこの本には、われわれ凡人にもチャンスがある、そう訴えかける何かがきっとあると感じさせられた. まあ私の一目惚れみたいなものである.

タイトルに惹かれたものの、中身になにか目から鱗的なものすごい価値のある情報があったかというと、そうでもない. ここでは、主に著者がこれまで多く接してきた中小企業の社長やその経営について、著者の見解が書かれている. ただしその見解はなかなか説得力がある. というのも、著者はこれまで起業に失敗した経験があり、だからこそ見えてきた視点でビジネスの本質を指摘しているからであろう.

以下にその詳細についてまとめてみた.


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
この本によれば、"起業を成功させるためにもっとも大切なことはビジネスモデルをしっかりと描くこと"、となる. こう聞くと、どの本にも書いてありそうなしごく当たり前のことを言っているだけだと思ってしまう. しかしこれがなかなか難しい. ここでいうビジネスモデルとは、"何をどこから仕入れて、それをどこへ売って、どれだけの利益が得られるか"ということである. これさえ抑えれば起業は成功するが、こういった情報を集めることが実はかなり難しい.

例えば、よいアイデアを思いつき、そのアイデアに基づいて大ヒット間違いなしの商品を考えたとしよう. これでビジネスモデルが完成したと思うのは間違いである. この本では、そういったアイデア商品を考案するのではなく、その商品をどこでどれだけ仕入れて、誰に売れば、どれだけの利益が得られるかをしっかりと計画することが、ビジネスモデルであると言っている. 逆にいえば、よいアイデアを思いつくよりも、流通経路をしっかりと確保することの方がよっぽどビジネスになるともいえる. そしてその流通経路を見つけることの重要性を以前の著者を含めた多くの人が軽視しているため、そういう人は起業で失敗するとこの本では分析している.

成功している中小企業の社長たちは、この本でいうビジネスモデルをしっかり組み立てるために情報収集を徹底的に行っている. 情報こそ命である. 失敗をおそれず、たとえ周りから変人だと思われようとトライ&エラーを繰り返して最終的に利益を生み出す流通経路を見つけだし、ビジネスモデルを完成させるのである.

この本で言われていることは、非常にシンプルで分かりやすい. それでいて、核心をついていると思う. 自然科学も真実に近づけば近づくほど、物事はシンプルに記述される. 本質とか核心とかいうものはなんでもそうなのであろう.

起業するためにまずやるべきことが見えてきた、そんな本であった.



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

posted by lhflux at 13:08| Comment(3) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みんビズ!でも書評を書いています. よかったらそちらもどうぞ.

http://d.hatena.ne.jp/gootarobiz/20090811/1249999596
Posted by lhflux at 2009年08月13日 17:07
「トライ&エラーを繰り返して最終的に利益を生み出す流通経路を見つけだし」本当にそうだと思いました。
素晴らしいアイディアがあっても、それを効率良く売りださないとビジネスとしては成り立たないと思います。
あらゆるビジネス形態、可能性、方向性といった情報を手に入れていく事で、自分のアイディアに最もマッチした流通経路を見つけ出せる鍵となるのでしょう。
日々新しくなる情報との格闘ですね。
Posted by Marunaga at 2009年08月31日 20:54
Marunaga さん、こんにちは.
コメントどうもありがとうございます.

最近は、流通経路を見つけることの難しさをひしひしと感じます. そのコツとかポイントとかがあると知りたいですね. もし何かよい本を御存じでしたら教えてくださいませ.

p.s. 地元に戻ってこられたみたいですね. お帰りなさいませ (と私が言うのも変ですが).
Posted by lhflux at 2009年09月02日 12:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。