2009年06月13日

人を動かす (D. カーネギー)

総得点 (15点満点) : 15 点

内訳
文章 (1-5) : 5 点, 内容 (1-5) : 5 点, 感動 (1-5) : 5 点

以前、増永 寛之氏の仕事頭がよくなるアウトプット勉強法を読んだ時、彼のメンター本としてこの本が紹介されていた. また、日経アソシエの読書特集では、同じ著者のD. カーネギーがかいた本(話し方入門)が取り上げられていた. そんなことから、D. カーネギー氏がちょっと気になり始め、また、経営者として実績を挙げている増永氏がおすすめする本とはどういうものだろうという興味もあり、"人を動かす"を買ってみた.

読んで見ると、これが大変面白く、自分の中ではビジネス書として金持ち父さん以来の大ヒットである. たくさんの本を読んでいる増永氏だけあって、いい本をご存知であった.

タイトルは、"人を動かす"となっているが、内容はコミュニケーション術の極意を紹介するものである. その基本となるのが第1章の"人を動かす3原則"であり、これがこの本の核心といえるだろう.

第2章以降は、第1章で紹介した極意を基にして、様々な場面でどのようにこのコミュニケーション術を用いるかを紹介しており、第1章が基礎編とすると、第2章以降は応用編といってよさそうだ.

そのためか、本の随所に第1章の内容を何度か繰り返し説明する箇所があり、読んでいる途中で多少間延びしているように感じた. とはいうものの、最後まで読んでみると、後で説明するように、いろいろと役に立つ情報も多く、大変参考になった. 印象深かったのが29ページにある、"父は忘れる"という息子へあてた手紙をそのまま引用している場面で、ここを読んだときは思わず涙してしまった. ただし、感動の場面はここだけなので、この本を読んで泣くことはまずないだろう. ビジネス書なのであたりまえか.
この本の基礎となる第1章の"人を動かす3原則"を私なりに要約すると、
1.相手の立場にたって、
2.相手のことを深く理解し、
3.相手の欲しいものを与える.
ということになる. このように言うと、大変味気ないものになっているが、これにつきると思う. 具体的な事例は、本書にこれでもかというほど詳しく紹介されている.

ちょうど我が家では、2歳になる息子がお風呂に入るのを嫌っていて、私も妻も手を焼いていたので、この方法を使ってみた.

まずは、息子の立場にたってみる.

以前、いやがる息子を強引にお風呂につれていった時、最初は大泣きするが、そのうちお湯で遊びはじめ、今度はお風呂からあがるのをいやがってしまっていた. どうやら息子はお風呂が嫌いなわけではなく、もっと遊んでいたいだけのようだ.

次に息子のことを理解するために、息子の好きな遊びを考えてみると、息子は水を触ったり砂場で砂をいじったりすることに夢中になることがよくあった.

そこでお風呂に入るときに、プラスチックのガチャ玉や砂場遊びで使うスコップを持って、"これを使ってお風呂で遊ぼう!"と試しにいってみたら、大喜びでお風呂にはいるようになった.

あまりにうまくいきすぎて、かなりびっくりしてしまった. これぞカーネギーマジック. すごい...

以下、本の中で述べられていて、私が覚えておきたいと思った内容をメモしておく.

・絶対忘れてはいけないもの:妻の誕生日と結婚記念日.
・女性は、相手がどんな服を着ているかに興味がある. そのため、初めてあった人の顔は忘れても、その人の着ていた服は覚えている. (妻に聞いたら、どうやらほんとらしい).
・相手を説得するには、yesと答える内容の質問をする.
・いつなんときでも己の未熟さを認識する.
・ソクラテスは、自分がなにもしならいことを知っていた. (無知の知).

最後の2つは、自分への戒めである.



【関連記事】
セールス・アドバンテージ (D・カーネギー)
子どもの話にどんな返事をしてますか? (ハイム・G・ギノット)
職場で役立つ交渉術 (佐藤 満)
神様に遭った件について:『コールド・リーディング 人の心を一瞬でつかむ技術 (イアン・ローランド)』


いつも訪問していただき、ありがとうございます!

このブログは週1回の更新頻度ですので、RSSリーダー登録をしておくと便利です。
例えば、無料のGoogle リーダーを利用する場合は次のようにすればOKです。

1. Google リーダーにアカウントを作成もしくはログインする。
2. 画面の左上にある「登録フィードを追加」の項目をクリック。
3. このリンクをコピーして貼付ける。

すると、ブログが更新されるたびに自動的に表示されます。

どうぞよろしくお願いいたします。



↓↓書評ランキングはこちら↓↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン




posted by lhflux at 08:03| Comment(1) | TrackBack(2) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、私も最近になって
デール・カーネギーの『人を動かす』を読みました。

素晴らしい名著ですね!

既に3回繰り返し読み、
デール・カーネギーについても
他の著書を含め色々と調べております。

本当にすごい方ですね、感動です。

ぜひ、もっとたくさんの経営者に読んでもらいたい本です。



PS.

昨日、何かものすごい書籍を発見しました。
戦後間もない頃に出版された『人を動かす』だそうです。

こんな昔から、この本はあったんですね!
すごい!

高いけど記念に買っちゃおうかな・・・


▼超貴重★戦後すぐD・カーネギー/人を動かす/昭和二十四年抄訳版▼

http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r76064559



Posted by デールカーネギーに感動した社長 at 2011年03月10日 10:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【書評】人を動かす
Excerpt: 内容について今更紹介するまでもないであろうというほどに読み継がれている世界的な名著。 原書の初版発行はなんと1936年であり、本書の基となった改訂版は1981年に出されている(改訂版の発行はデール・..
Weblog: ビジネス書で「知」のトレーニングを! 〜 知磨き倶楽部
Tracked: 2009-12-10 14:02

仕事や人間関係に疲れたあなたへ:「プリズンホテル 3 冬 」 浅田次郎
Excerpt: 本書は心の疲れたビジネスパーソンのための癒し小説である。 会社では、何がいいた...
Weblog: みんビズ!
Tracked: 2010-06-27 21:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。