2013年03月31日

うちの子供が嘘をついたった orz:Parenting with Love and Logic (F. Cline and J. Fay), Part 2


Lie to Me / Zygia


5歳の息子がハワイの幼稚園 (Kindergarten) に通うようになってから、ウソをつくようになってきた。

友達が「ぼく、クジラみたよ」といったとき、息子は次のように応答していた。

「ぼくも見たよ。クジラがジャンプしてね。スッゲー高く飛び上がってね、地球の外にまでいってね、地球をバンって飛ばしたの。そしたら地球がドーーンと爆発してね、ドバーンってなったんだよ。アハハ。」

ウソといっても、この程度ならただの妄想と捉えることもできるので、まだマシである。微妙なのは、学校での出来事を話すときだ。先日、学校の先生から親あてに連絡があり、今日の息子の振る舞いが大変に悪かった、という報告があった。それを息子に問い合わせてみた。

私「先生から、今日は学校で全然集中できなかった、と書いてあったんだけど、どうだったの?」

息子「うーん、忘れた。」

私「そっか。学校ではいつもお昼寝の時間は寝てるの?」

息子「うーーん、ちょっとだけね。ひとねむり、してるんだよ。」

私「へー。お昼寝の時間は、友達と話したりしてるの?」

息子「ちょっとだけね。でも、友達と話してると先生に怒られるから、話しちゃだめなの。先生、声はカワイイんだけど、すごく厳しいんだよね。」

私「そっか。じゃあ今日も友達とちょっとしゃべっちゃって、先生に怒られたの?」

息子「うーん、お昼寝のときはしゃべってないかな。今日は授業中にさ、work を何すればいいか、よくわからなかったんだよね。先生に聞いても全然教えてくれないんだよ。それで友達に聞いたら先生に怒られたんだよね。」

私「ん????、
  そ、そっか。じゃあ、分からないときはどうするの?」

息子「早く work が終わった人はしゃべっていいの。だから、その人に聞けばいいんだよ。」

私「へー、そうなんだ。じゃあ、今日は早く work が終わった人としゃべって怒られたの?」

息子「違うよ。あと、work を間違えちゃいけなんだよ。間違えると先生に怒られるの。」

私「ん?????
そ、そ、そうなんだ....」

こういったやりとりを数回すると、結局、何がなんだか分からなくなる。わからないことを先生に聞くとなぜ怒られるのか、私にはさっぱり意味が分からない。さらに work を間違えただけで、なぜ先生に怒られるのだろうか。そんなことって本当にあるのだろうか。ところどころ、ウソが混じっているような気がしないでもないが、実際の授業の様子がわからないから、なんともいえない。息子はすべて本当のことを言っているのかもしれないし、そうじゃないかもしれない。また、あまり詰問してしまうと、ヘソを曲げて何もしゃべらなくなってしまう。

子供のウソや、学校での出来事に対して、親はどのように対応すればよいのだろうか。前回の Love and Logic, Part I に引き続き、今回は実践編を以下に詳しくみていこう。気になる方は、続きをどうぞ。

続きを読む
posted by lhflux at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。