2013年01月05日

「で、何が言いたいの?」と上司に怒られたったwwwww:応用が利くビジネス文章力の鍛え方(栖原雅)


writer's block - crushed and crumpled paper on notepad / photosteve101


上司:「ところで lhflux 君、今度、クラウドコンピュータの利用について役員を交えて会議をやるから、来月末までに企画書を書いてきてくれないか。」

lhflux:「あ、はい。クラウドコンピュータの利用についての企画書ですね。わかりました。作成して、来月末にメールで送ります。」

上司:「よろしく頼むよ。」

そう上司に言われた新人の lhflux 君、初めて企画書を作成することになる。よし、はりきってやるぞ!と奮い立つも、ここでふと思う。

「クラウドコンピュータの利用ってなんだかアイマイだなぁ。でも役員も来るんだし、がんばって作成するか...。とはいえ、みんなはクラウドコンピュータがナンなのか知っているのだろうか?うーん、そこからして怪しいなぁ。まずはこのクラウドコンピュータについて詳しく紹介しておこう。そして次は、それをどう利用するか。アイデアを3つくらい考えないと...。」

そんなこんなで、いよいよ締め切り前日の夜。何度か徹夜して、企画書をほぼ書き上げた。

「ふー。なんとかここまで書いたぞ。全部で200ページ弱か。フフフ。初めてにしては、我ながら、なかなかの上出来。これが役員の目に止まり、オイラの評価もストップ高となり、若手のエースなんて言われたら困っちゃうなぁ。グフフ。あ、そうだ。もうひとつ、良いアイデアが浮かんだ。朝までまだ時間がある。よし、これも企画書に入れておこう...」

栄養ドリンクも手伝って、締め切り日までに、なんとか企画書を完成させることができた。早速、上司宛に次のようなメールを書いた。

---------------
件名:企画書

上司様

先日、承りました企画書を作成しましたので、メールに添付して送ります。

lhflux
-----------------

「これでよし。送信ボタンをポチッとな。ふー。終わった終わった。この2ヶ月間、企画書を作成することに全神経を注いだから大変だったなぁ。まあ、これだけガンバッたんだから上司も満足してくれるだろう。なんたって10回も徹夜したんだから。ふー、なんか急に疲れがでてきたなぁ。今夜はゆっくり休むとするか。」

と思うも、すぐに上司から呼び出しがかかる。「あ、もしかして、今回の企画書について褒められちゃう?」そう妄想しながら上司の部屋のドアを開け、中に入る。

lhflux 「失礼しまーす」

上司 「おう、lhflux 君か。企画書の作成、お疲れ。で、これは何の企画書?」

lhflux 「えっ!? ....。先月に上司に頼まれたヤツですが。例の、クラウドコンピュータについてですけど。」

上司「ん?あぁ、アレかぁ。そういえば頼んでいたなぁ。で、この企画書で何が言いたいの?」

lhflux 「えェっ!!!!!!!!」

予想外の展開に言葉を失う lhflux 君。なんとか冷静さを取り戻し、企画書を読んだんですか?と詰め寄るも全く相手にしてもらえない lhflux 君。あんなにがんばって書いたのに、何度も徹夜をして書いたのに、しかも上司に頼まれて書いたのに、これはいったい何かの罰なんだろうか...。そんなこんなで身も心もズタボロになってしまった lhflux 君に対して、本書は次のように現実を突きつける。

残酷なようですが、読み手にとっては、あなたの「疲労度」や「費やした時間」は、まったくどうでもいいことなのです。それどころか、丸々一ヶ月かけて書いた文章や、何日も徹夜をして書いた文章を、たった3秒だけ見てあとは放って置かれることもあります。不条理な状況ですが、しかし「書き手の努力」に応じて注意力を強めていくれる読み手などいないのです。読み手は「自分にとって興味のあること・必要なこと」だけを真剣に読んでくれます。それ以外は、どんなに書き手が苦労していようとも、きちんと丁寧には読んでもらえない可能性が高いのです。

こんな経験をしたことがある人、もしくは、lhflux君のようにはなりたくない人はどうしたらよいのだろうか。以下に、本書をもとにして簡単に紹介してみよう。なお、本書は著者の栖原雅様より献本いただきました。どうもありがとうございます。

続きを読む
posted by lhflux at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。