2012年07月21日

我輩はノマドである:21世紀の歴史 (ジャック・アタリ)


I am a nomad / Meg Stewart


以前はものすごく大変だった引越しが、最近になって急にラクになった。

今からおよそ10年前、北海道の大学院へと進学するために関東から札幌へと引っ越した。そのときは、私もまだ独身で、一人分の荷物がだいたいダンボール10箱程度+家電だったと記憶している。あれから10年ほど経過した現在、ハワイへと旅立つためにまとめた荷物が、親子3人でダンボール10箱以下である(ハワイでは家具付きの賃貸を借りている)。その内訳は、洋服が2箱、職場の荷物が2箱、子どもの絵本とオモチャが3箱、その他が2箱程度である。子どもの荷物がなぜか多いものの、自分たちの荷物はかなり減らすことができた。そんな荷物の削減に大変貢献したのが <ノマド・オブジェ> である。

私の場合、仕事柄、多くの教科書や参考書が必要である。10年前に札幌へ引っ越したときも、ダンボール箱の1/3程度が教科書や参考書の類いであった。大学院にいる間にさらに教科書や参考書の類いが増え、それに加え学術論文のコピーも大量に増えていった。その結果、学位を取得して札幌を離れるときには、教科書や書類関係の荷物がダンボール10箱程度にまで増えていた。私一人でこれだけの荷物である。妻の分も合わせると大変なことになる。しかも国内ならまだしも、海外にこれだけの荷物を運ぶとなると、ダンボール1箱で1万円はかかってしまうため、すべて合わせると恐ろしい値段になってしまう。現在は、論文がほぼPDF化されているため、論文のコピーを持ち歩くことは無くなった。しかし、教科書や参考書はまだまだ電子化されておらず、移動のときは大変かさばってしまう。

そんな大量の荷物を仕分けするため、我が家では「自炊」を決行した。「自炊」とは、簡単にいうと本や教科書を裁断して 電子化することをさす。はじめて教科書を裁断しようと決意し、カッターを手に背表紙を切り落とそうとしたときは、何度となくためらった。神聖なる教科書に果たしてメスをいれてよいのだろうか...。そんな想いが頭をよぎった。とはいえ引っ越しのたびに大金をはたいて郵送したり、荷物の整理というあの面倒な作業をくり返すかと思うと、ここでためらってはいられない。断腸の想いで背表紙にメスを入れ、裁断機で一気に教科書をバラバラにする。それと同時に自分の中で、なにかがバラバラと崩れ去る。そして、バラバラになった教科書を「ScanSnap」へと流し込み、PDFとして保存する。その後、Acrobat を用い「clean scan」オプションでOCR (文字認識)処理を施し、iPad で快適にみれるようPDFファイルを保存する。あとは、そのPDFファイルを iPad の「i文庫」へと送り込めば、今まで本棚を埋め尽くしていた教科書たちが自分の iPad の中でいきいきと蘇る。その結果、これからは iPad さえ持ち歩けば、何十冊もの教科書に瞬時にアクセスできるようになり、引っ越しもグッと楽になったのだ。

こういったポータブルなデバイスのことを本書では<ノマド・オブジェ>と呼ぶらしい。<ノマド・オブジェ>が普及してくると、我々の生活スタイルはどのように変化していくのだろうか。過去の歴史を振り返ることで21世紀の歴史がある程度予想できるとジャック・アタリ氏はいう。以下に簡単に紹介してみよう。


続きを読む
posted by lhflux at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。