2012年01月28日

知らないと損する黄金の羽根:『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 (橘 玲)』


Pluma / Feather / luisar


「経済的自由を手に入れる」

これはお金に関する私の主要なテーマになっている。経済的自由とは、「金持ち父さん貧乏父さん」 (amazonへ)で述べられていた概念で、簡単にいえば、一生働かなくても経済的に生活できていける状態である。働かずに得られる月々の収入が支出よりも上回った経済状態のことをさす。そうなってはじめて、お金に関する心配事がなくなり、経済的に自由となりえる。経済的自由を手に入れれば、自分がやりたいことだけに集中できるし、将来、年金がもらえるかどうかを心配することもない。そんな「経済的自由」を手に入れるのに必要なことはたった1つでよい。それは、現在の貯蓄額や収入の多さではなく、自分の家系や親から受け継いだ遺産でもない。必要なのは、ファイナンシャル・リテラシー、つまりお金に関する知識だけである。

とはいえ、この知識を得ることがなかなか難しい。というのも、「知識」というのはインターネットでグーグル先生に質問して返ってくるような答えではないからである。そこで返ってくるのはただの「情報」である。「知識」とは、この「情報」をいかに活用するかが問われている。このことを著者は端的にこう表現する。

「知識社会」あるいは「情報化社会」では、情報は瞬時に共有されていきます。だが、万人がそれを活用できるわけではありません。(p.7)

インターネットがこれだけ普及した現在、ほしい情報はすぐに手に入る。例えば、パナソニックの株価が知りたいと思えば、Yahoo! ファイナンスを見れば現在株価がわかるだけでなく、これまでの株価の推移をグラフで表現してくれる。財務諸表が知りたければ、MSNマネーの企業情報検索 にアクセスすると詳しい財務諸表が入手できる。だからといって、株で勝つことができるかといえば、それはなかなか難しい。これらはただの「情報」にすぎない。こういった「情報」を株で勝つためにどうやって活用するか、そこに「知識」の差がうまれる。そして、お金に関する知識を蓄えれば、お金持ちになるための近道ができると著者は次のように言う。

「知識社会」では、必要な情報を的確に入手し、それを活用する知識を有している人は、いくらでも近道ができます。そうでなければ、ひたすら回り道をするほかありません。「知識」が価値を持つとは、そういうことです。(p.7)


著者がいう知識を用いたお金持ちへの近道とは何か。以下に本書の内容のほんの一部を紹介してみよう。


続きを読む
posted by lhflux at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

30代ビジネスマンのジレンマ:『人間学入門 人間力を高める』


Worried! / photoloni


仕事が楽しくなるのはいつごろからだろうか。

私の経験的には、毎日の仕事をそれなりに一生懸命やり続けていると、おおよそ5年もすれば仕事のコツも覚え、それと同時に仕事の醍醐味も味わえるようになってくる。そうなってくると、仕事が楽しくなる。5年間というのは、一日8時間勤務で月20日勤めれば、9600時間に相当する。約1万時間である。以前に読んだ「天才!」によれば、その道のプロとなるのに必要なおおよその時間が1万時間であると述べられていた。そう考えると、仕事を5年間続ければ楽しさも覚える、というのもそれなりに妥当な意見ではないだろうか。

そんな私を含めた今の30代は、それなりに仕事もできて、上司からは信頼され、部下からは頼られ、仕事に自信がついてくる時期かもしれない。部下の仕事ぶりを見ながら、「オレなら1週間もあれば余裕でできるのに、なんであんな仕事に2ヶ月もかかるかなぁ」なんてボヤいてみたり、できない上司から仕事を頼まれて「しょうがねぇなぁ、できるのはオレしかいないからやってやるか」なんてエラそうに思ったりすることもあるのかもしれない。そんな経験をしていると、だんだん天狗になってきて「やっぱりオレはすごい。今のオレなら何でもできる。」と増長してしまう。そんな態度を冴えない上司から指摘されようものなら「あいつは何をエラそうにオレ様に指図してくるのだ。自分では仕事ができないくせに、仕事のできるオレのことを妬んでるに違いない」なんて考えたりして、さらに高慢な態度になってしまったりする。

しかし、そんな時期もそう長くは続かない。仕事を自分一人でこなす分には問題なくても、マネジメントに関わるようになったり、人を動かす立場になってくると、途端にうまくいかなくなったりする。それに加え、今回の震災である。あれだけの災害であるから、被災者の方を助けてあげたいし、"優秀"な自分なら何か役に立てるはずだと思うこともあるだろう。けれども、ボランティア活動に行ったとしても、体力のある20代にはかなわないし、日頃のディスクワークで体が思ったように動かなくて役に立たない。さらには、自分の家族に多大なる迷惑をかけてしまい、身の回りを省みると自分の妻や子供から非難の目を向けられてしまう。それならば義援金でサポートしようと思っても、普通のサラリーマンである自分が出せる金額なんてたかが知れているし、孫正義氏のような男気のある行動には足下にも及ばない。ヘタすれば、義援金詐欺に引っかかっただけで、被災者の方々のなんの役にも立たなかったなんてこともあるだろう。その結果、仕事で得られた自信が揺らぎ、「やっぱりオレは全然ダメなんだ」なんて絶望感に浸ってしまう。

そんな自信と絶望の狭間で揺れる30代を、いったいどういう心構えですごしていけばよいのだろうか。以下に、本誌を基に先人たちの言葉から考えてみよう。なお、本書は致知出版社様から献本いただきました。どうもありがとうございます。


続きを読む
posted by lhflux at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

P. F. ドラッカー本の書評一覧

Peter Drucker dies at 95
Peter Drucker dies at 95 / IsaacMao


マネジメントの父と呼ばれ、数々の名著を生み出してきた P. F. ドラッカー。彼の投げかける問いは、簡単そうにみえて奥が深く、そして鋭い。現在でもドラッカーの熱狂的なファンが多く、私も彼の著書をよんで多大なる影響を受けた。以前の私は「自分の好きなことさえできればそれでいい」といった独りよがりの考え方を持っていたものの、そんな私が社会貢献の重要性に気付かされたのもドラッカーのコトバからである。彼の人気ぶりは、このブログにおけるドラッカー本のアクセス数にの多さにも表れている。そこで私がこれまで書評を書いてきたドラッカー関連本について、以下にまとめてみた。といっても、今のところそれほど多くないなぁ。(last update: 2012/01/14)
続きを読む
posted by lhflux at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月07日

目指せ究極のプレゼン!はじめの3歩:『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン (カーマイン・ガロ)』


presentation skills / o5com


プレゼン。上手にやろうとしても、なかなかうまくいかない。私は職業柄、プレゼンをする機会が多い。それでも悲しいかな、なかなかプレゼン技術が上達しないものである。これからの季節、卒論や修論等でプレゼンをする人もいるだろう。そこで、昔に私が経験した、ある日のプレゼン風景をちょっとみてみよう。

発表日前日...

「うお、ヤッベー、パワーポイントのスライド作りが終わっていない...。とりあえず、タイトル、イントロ、実験、結果、結論、という流れでつくるか。イントロでは、過去の研究を箇条書きにすればよし。実験も箇条書きだな。結果は図を適当にぺぺっと貼って、最後に結論を箇条書き。お、これでなんとか完成しそうだ。あ、背景にこのテンプレートを使うとカッコいいぞ。うお、すげー。プロみたいな見た目になった。お、文字に陰をつけるとさらにカッコいい。あ、そういえばプレゼンでは何か面白いことをいうとよい、ってどこかの本に書いてあったなぁ。よし、1枚ギャグのスライドをいれとくか。うお。これで完璧。明日はオレもスティーブ・ジョブズだな。うははは。」

発表終了後...

「終わった...orz。いろんな意味で終わった...。緊張して声が震えてた。それだけでなく、時間内にプレゼンが終わらなかった...。しかもギャグのスライドが全くウケなかった...。なんてこった。今なら卒業できるかどうかすら怪しい...。はあー。へー。ふー。オレにはプレゼンの才能なんてないんだ...。スティーブ・ジョブズのプレゼンは、あれは神だな。あんなの誰にでもできるものじゃないんだ。ふー。なんてダメ人間なんだ、オイラがバカだった...」

誰でも一度はこんな経験がないだろうか。少なくとも私にはあった。さすがに今は、こんな悲惨な発表をすることはなくなったものの、これまでに何度かこんな苦い経験をしたことがある。今はプレゼンに多少は慣れたとはいえ、それでもやっぱりプレゼンが難しいことに変わりはない。自分にはプレゼンの才能があるとも思えないし、スティーブ・ジョブズのようなプレゼンなんて、できる気配すらない。やはりプレゼンがウマい人というのは、そういう才能を持った人なのだろうか。何度か苦い経験をすると、そういう疑問がふと沸いてくる。しかし本書は次のように答える。

ジョブズの準備の仕方やプレゼンテーションのやり方を正確に学びさえすれば、誰でも、あのすごい力が使えるようになる。彼のテクニックのごく一部を活用しただけで、一歩抜きん出たプレゼンテーションができる。競争相手や同僚が顔色を失うようなプレゼンテーションができるのだ。(p.7)

以下に、本書で紹介されていたテクニックのほんの一部を紹介してみる。卒論や修論発表が控えている人に参考になるとうれしい。


続きを読む
posted by lhflux at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。