2011年11月26日

はたしてあなたは人格者?:『第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (マルコム・グラッドウェル)』

Carl Gustav Jung painted portrait P1050215
Carl Gustav Jung painted portrait P1050215 / Abode of Chaos


先日、出張でワシントンDC周辺へ行ってきた。ワシントンDCといえば、治安が悪いイメージがある。といっても、観光客が行くような地域は比較的安全らしい。噂によると特に危険な地区は東部なのだそうだ(例えばこれ)。そして今回の仕事の訪問先が、残念ながらワシントンDCの北東部であった。

実際に現地へ着くと、たしかに雰囲気が異様だ。何が異様かといわれればうまく言えないものの、「直感」でそう感じる。車は多くても、歩いている人は少ない。なんといっても町は白人よりも黒人の比率がかなり高い。知り合いからは、夜にホテルから外を出歩かないよう注意されていた。夕食をとる必要があったので、しかたなくホテルにあったレストランで食事をとろうとするも、そこのウエイトレスのおねえちゃんがハンパない。ねえちゃんというと聞こえがいいものの、彼女の二の腕にはその道のプロかと思わせるような入れ墨が彫られ、歯が何本か抜けていた。ホテルの従業員にもやはり黒人が多く、どこか迫力がある。訪問先へ行ったときも厳重なセキュリティチェックが行われ、警備に余念がない。車で町を移動するときも、車内にはモノを置かないように気を使い、どこへいくにも常にカバンを持ち歩いていた。幸いにも、私の直感がうまく働いたためか、特に問題なく訪問先で仕事を終えることができた。

その後、ニュージャージー州のプリンストンへと移動した。するとどうだろう。ワシントンDCとは全然違って、自然が豊かで落ち着いた雰囲気の町であった。プリンストン大学へ訪問すると、学生は穏やかで誰も殺伐としていない。白人の比率がかなり高く、黒人は少ない。行き交う人々はどこか品がある。特にこれといって厳しいセキュリティチェックがあるわけでもなく、戦々恐々とした様子もない。車で移動したときは、知り合いに「ワシントンDCとは違って、ここでは車内にカバンを置いておいても誰も盗むヤツなんていないから大丈夫だよ」と言われた。かなりリラックスして町の雰囲気を味わうことができた。

注意しておきたいことは、黒人が多いからといって、それが即危険であることを意味しているわけではないことだ。白人だろうと黒人だろうと日本人だろうと、いい人もいれば悪いことをする人もいる。どの国でも人種によらず犯罪は起こる。少なくとも私自身、人種差別的な判断をしたくない。しかし、そう頭では理解していても無意識のうちに人種差別的な偏ったモノの見方をしてしまうことがある。

例えば、IATテストとよばれる一種の心理テストを受けてみよう。本書では89ページに記載されている。内容は簡単だ。下の表のように、「ヨーロッパ系アメリカ人または悪」と「アフリカ系アメリカ人または善」という二つのカテゴリーがある。その下に続く単語をみて、それがどちらのカテゴリーに入るかを瞬時に判断するだけのテストである。誰にでもできる、いたってシンプルなテストなので、是非、トライしてみてほしい。

ヨーロッパ系アメリカ人 または 悪 アフリカ系アメリカ人 または 善
傷つける
凶悪
輝かしい
(黒人の写真)
(白人の写真)
素晴らしい

さて、結果はどうであっただろうか。例えば、「傷つける」や「凶悪」という言葉を「ヨーロッパ系アメリカ人 または 悪」というカテゴリーに、すんなり、間違えずにいれることができただろうか。「素晴らしい」という言葉を「アフリカ系アメリカ人 または 善」というカテゴリーに悩まずスムーズに入れることができただろうか。

では、今度はカテゴリーを入れ替えて、次のようにするとどうだろう。挑戦してみよう。

ヨーロッパ系アメリカ人 または 善 アフリカ系アメリカ人 または 悪
傷つける
凶悪
輝かしい
(黒人の写真)
(白人の写真)
素晴らしい

今度は、先ほどと比べて、なぜか「傷つける」や「凶悪」といった言葉を抵抗なくすんなりと「アフリカ系アメリカ人 または 悪」のカテゴリーにいれることができたのではないだろうか。「素晴らしい」という言葉をこれまたスムーズに「ヨーロッパ系アメリカ人 または 善」というカテゴリーに入れることができたのではなかろうか。先ほど、「私は人種差別をしたくない」といった意味のことを書いた。しかし、悲しいかな、私もなぜか「ヨーロッパ系アメリカ人」を「悪」と結びつけようとするよりも「善」と結びつける方が、すんなりとカテゴリー分けができてしまう。「ヨーロッパ系アメリカ人」と「悪」を結びつけることが、なぜか直感的に難しいらしい。

直感はときとしてすごく役に立つ。私が特に問題なくワシントンDCへの出張を終えることができたのも、この「直感」がなせる技かもしれない。しかし、「直感」は常に正しいとも限らない。どうして「ヨーロッパ系アメリカ人」と「悪」を結びつけることに抵抗を覚えてしまうのだろうか。私が人種差別的なモノの見方をするからなのだろうか。そんな心の仕組みについて、本書を基に以下に紹介してみる。

続きを読む
posted by lhflux at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

書評ブログに経営戦略を適用したら、こうなった:『経営戦略立案シナリオ (佐藤 義典)』

Strategy
Strategy / stefan.erschwendner


「君のブログには戦略がないんだよ...」

そういわれて、ブログの運営者は反論できるだろうか。書評ブログは別に戦略なんてなくてもいいんだ!と反論したくなるかもしれない。でもそう言って何も努力しなくていいのだろうか。

残念ながら、現時点でこのブログの戦略もあいまいである。私もこれまでいろんな本を読んで、何度か戦略を考え、実行してきたようなつもりでいるものの、それでも自分の中で「これぞ戦略」と胸を張っていえるものがない。「このブログの戦略」というと、なんとなく、心の中にモヤモヤとした状態である。というのも、戦略といえば「差別化が大切だ」といったり、「顧客の視点を持て!」と言われたり、「ポジショニング」だの「4P」だの「マーケティングがすべて」だの、いろんな人がいろんな理論を提案していて、私にはどれもイマイチ使いきることができなかった。

そこで本書の登場である。以下に、本書を基にしたこのブログの戦略についてまとめてみた。ちょっと長いので、経営戦略に興味のない人は続きを読むのをやめた方がよさそうです。


続きを読む
posted by lhflux at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

日本が経営破綻する前に30代が今やるべき3つのこと:『警告 目覚めよ!日本 (大前研一通信)』

Self-accuse
Self-accuse / h.koppdelaney


内向き、下向き、後ろ向き−−。

最近の日本人をみた大前研一氏の感想である。なんとネガティブなマインドなんだと思う一方で、暗い話題に尽きることのない今の日本社会をみていると、そうなってしまうのもうなずける。 例えば、児童手当の減額、扶養控除の縮小、年金保険料の値上げ、年金支給開始年齢引き上げ、少子高齢化、放射能問題などなど、我々30代への家計や精神への負担は増すばかり。そんな状態に拍車をかけて日本経済への見通しもやはり暗い。特に大前研一氏が警告を発しているのが、世界経済の「4つの地雷原」である。これら4つの地雷原のうち、どれかが爆発すれば連鎖的に他へと起爆する。その影響は日本経済にも確実に及ぶ。

大前氏がいう「4つの地雷原」は、ヨーロッパのソブリンクライシス、リーマンショック以降低迷長引くアメリカ経済とドル危機、中国の不動産バブル、そして日本のギネス級の国家債務問題である。(p.8)リーマンショックで明らかになったことといえば、国ごとに経済が独立しているのではなく、世界の経済がひとつにつながっていることであろう。というのも、金融技術の発達によって、アメリカ国内の債券が世界中にバラまかれたために、それが不良債権化してしまったときの被害が世界の国々に及ぶようになった。

例えば、現在注目されているイタリアの破綻について考えてみよう。もしイタリアが破綻すれば、イタリアに多額の貸し付けを行っているフランスやドイツの経済に打撃をあたえる。そうなると、ユーロ圏がガタガタになる。その結果、ユーロ圏の債券をかかえている国々が被害を被り、当然、その中にアメリカや日本も含まれている。とりわけ日本は、自国の借金が膨大に膨らんでしまっているため、他国に貸した借金を返してもらえないとなると、ますます日本経済も不安定になることが私でも容易に想像できる。そんな誰もが暗い未来を容易に想像できる今の状態で、我々30代が元気でいろというのも厳しい話である。

そんな我々30代が自分の家族を守るために、今すべきことはいったい何だろうか。本書にかかれていた大前研一氏の3つのアドバイスを以下に紹介してみる。

なお、本書はレビュープラス様より献本いただきました。いつもありがとうございます。



続きを読む
posted by lhflux at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

ジョナサンがヤバい件:『売れる会社のすごい仕組み (佐藤 義典)』

Restoran Molek Opening
Restoran Molek Opening / amrufm


最近、家の近くにあるジョナサンの質が急激に悪化した。

ジョナサンといえばガストやバーミヤンと並ぶ大手ファミリーレストランである。以前は、子供の夜ごはんを作るのが大変なときによく利用していた。当時、三才だった息子も「ジョナサンへ行こう」というと、大喜びであった。特に、食後に「おこさまソフトクリーム」を食べることを楽しみにしていた。

しかし、ある日を境に状況が一変する。

その日は、保育園の帰りに夕食をたべようと息子とジョナサンへ立ち寄った。ジョナサンへ着くと息子はお気に入りの「おにぎりプレート」と、いつも楽しみにしている「おこさまソフトクリーム」を注文した。しばらくして息子の前に食事が運ばれてきた。それを見た息子が思わずこうつぶやいた。

「少なっ!?」

息子がいうように、確かにおかずの量が以前と比べて目に余るほど減っていた。オトナの私が見ても明らかにそう感じるほどであったので、息子が思わずつぶやいてしまったのもうなずける。まあ、きっと経営も厳しくて、経費削減か何かで量を減らしたのだろう、そう思うことにしてみた。と同時に、息子の発言をそのまま聞き流すことにした。

その後、息子はいつもどおりに食事をすすめて、やがて「おにぎりプレート」を食べ終えた。そこでウェイターを呼んで「おこさまソフトクリーム」を注文した。しばらく待つと、ついに待望のソフトクリームが息子の前に運ばれてきた。それを見て息子がまた一言つぶやいた。

「これだけ?」

以前は何重にも巻かれたソフトクリームが運ばれてきて、息子はいつもそれを喜んでいた。しかし今回のソフトクリームはたったの一巻きしかなく、ソフトクリームがコーンの上に申し訳なさそうにチョこっと乗っているだけであった。あまりの少なさに愕然とする息子。かける言葉もないくらい、さびしい目でソフトクリームを見つめている。そんな息子をなんとなくなだめて、帰りにコンビニでプリンを買う約束をし、その日はジョナサンを後にした。

それからというもの、そこのジョナサンは日を追うごとに食事の量と味の低下が始まった。それに加え、最近は節電と称して部屋の照明が暗くなり、雰囲気までもが悪くなっていった。さらに従業員がなにやら忙しく駆け回り、料理もなかなか運ばれてこなくなり、サービスの質までもが低下していった。それからというもの我が家ではもうジョナサンへ行くことがなくなってしまった...。

おそらくジョナサンとしても、いろいろと経営努力はしているのだろう。けれども、私の目からみると、同系列のガストとの違いがあいまいになっていて、メニュー以外にガストとの違いが分かりにくくなっている。最近は特にその傾向が顕著である。先日ガストで赤痢の事故を起こし営業停止となっていた(例えばこれ)。近いうちにジョナサンも同じ運命をたどってしまうのではないか、と危惧している。

以前はなかなか良かったジョナサン。なのに、いったいどうしてこんなことになってしまったのだろうか。どうしたらこの悪循環を断ち切ることができるのだろうか。勝手にそんなことを妄想していたら、その答えが本書にあった。以下に簡単に書いてみよう。


続きを読む
posted by lhflux at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。