2011年08月28日

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント (ロバート・キヨサキ & シャロン・レクター)

「勉強しなさい。勉強して、テストでいい点をとりなさい。テストでいい点をとって、いい大学に入りなさい。いい大学に入って安定した職業につきなさい。そうすれば、お金をいっぱい稼げるようになって、お金に困らないから。」

そう言われて育った人は多いだろう。そうはっきりと言及しなくても、子供にそういう教育をしている人も多いのではないだろうか。しかし、果たしてそれは本当だろうか。

例えば日本では、「勉強して医者になれ」という人が多い。私の周りでも、そういうことを言う人が結構いるし、ご丁寧にも私の息子に医者を勧めるオトナまでいる。たしかに「医者」の知り合いに話を聞くと、給料が高いことは事実である。しかし、歯医者や眼科医は別だとしても、医者の花形(?)と言われている外科医の激務さには驚かされる。一人前の外科医となるために症例数を稼がねばならず、日夜激務に追われながら数多くのオペに立ち会う。その結果、休息の時間がほとんどない。また、たまに取った休息も普段のストレス発散のためにかなり景気良くお金を使う。結果的にお金がほとんど手元に残っておらず、働かないと1ヶ月も経たないうちに生活費を支払うことができなくなってしまう。中には患者に訴訟を起こされ、さらには家族からも見放され、精神的にも経済的にも不幸になる医者がいる。

なにも医者に限らず現在従業員として働いている人で、老後の心配が全くなく未来は明るいと感じている人はいったいどれくらいいるのだろうか。少なくとも私のような20代から30代の人々が60歳になるころには、すでに「定年退職」なんてコトバは死語になっているかもしれず、仮に国から「年金」をもらったとしても、その年金だけで生活できるほどたくさん貰えるとも思えない。それだけでなく、40代になれば子供の養育費に加えて親の介護費までもが重くのしかかる。一生懸命働いてお金を稼いだとしても、その分、所得税も高くなり一向に家計に回復の兆しが見えてこない。考えれば考えるほど将来の経済状態は暗くなるばかりなので日々の激務にまかせて目の前の仕事に没頭してしまう。そこから脱却する唯一の手段として宝くじを買って高額当選することを日々祈る....。

そんな生活に満足している人は本書を読む必要がないだろう。しかし、そんな生活から脱却したいと深く望む人は本書を手にする価値がある。以下に、経済的な自由を手に入れるための本書で紹介されている内容を簡単にまとめてみる。

続きを読む
posted by lhflux at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

ユダヤ式「天才」教育のレシピ (アンドリュー・J・サター & ユキコ・サター)

うちの息子は3歳ごろからサッカー教室に通っている。今でこそ毎週楽しく通っているものの、通い始めのころはなかなか大変であった。親としては、月謝を払っているのだからきちんと参加してもらいたいし、やるからにはサッカーがうまくなってもらいたい。一方、子供はお金のことなんか全く気にするわけもなく、大切なのは本人にとって楽しいかどうかである。

初期のころ、息子が通っている3〜4歳児向けのサッカー教室の練習風景を書いてみよう。前日の夜は、息子もサッカーができるのを楽しみにしていた。そして、いよいよ練習当日。サッカー教室の時間が始まる...

−−コーチのまわりにみんな集まる。

親「お、サッカーが始まるみたいだよ。ほら、もうみんなアッチに集まってるよ!早くいかないと。がんばれー」

子「.....」 

−−子供が集まると、コーチのかけ声のもと、子供達は自由にドリブルし始める。

親「ほら、ボールを蹴って蹴って。あ、手でもっちゃダメ!蹴らないと!そうそう。イケイケ!」

子「.....」 

−−ドリブルしながら自分の色のビブスを集めるゲームが始まる。

親「がんばれー。あ、それ色が違う。青いヤツ、青いヤツを集めないと!そうそう。イケイケ!」

子「.....」

−−ひと通り練習が終わり、家に帰る。その帰り道。

親「いやー、今日もがんばってやってたねぇ。ドリブルなんかすごくうまかったよ。ボールを止めるときはコウやって足の裏で止めるとしっかり止まるよ。するとサッカーがもっとウマくなるから。」

子「...。もうサッカーいきたくない!」

親「えっ!?」

親は子供に突然こう言われて、かなり狼狽する。親は、なぜ息子は突然サッカーがイヤになったか、すぐには理解できない。あんなにサッカー教室を楽しみにしていたはずなのに、と回想する。と同時に、子供によかれと思って始めたサッカー教室の入会金と月謝が頭をかすめる。そして、子供に向けて発するコトバを必死に探す。さてこんなとき、あなたなら、どんなコトバを発するだろうか。次の中から選んでみよう。

1. 「お金も払ってるんだし、折角だからもっと続けようよ」と説得する。
2. 「イヤならしょうがない!もうやめよう!」とキレる。
3. 「そっかー、もう行きたくないかぁ」と同意してその場は流す。
4. その他(コメント欄にどうぞ)。

果たして、その後はどうなったのだろうか。気になる方は続きをどうぞ。

続きを読む
posted by lhflux at 12:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

ユダヤ人大富豪の幸せな金持ちになる17の秘訣 (本田 健)

「お金さえあれば、もっと遊べるのに」

「お金さえあれば、もっとモテるのに」

「お金さえあれば、アレが買えるのに」

「お金さえあれば、子どもを連れて行ってあげるのに」

「お金さえあれば、何も困らないのに」

「お金さえあれば、もっと幸せになれるのに...」

「お金さえあれば」でtwitter を検索してみると、実に多くの人が「お金さえあれば」とつぶやいている。世の中お金じゃない、だとか、お金で買えない価値がある、とはいうものの、それでもお金で苦労している人は実際に多いのも事実だし、「お金さえあれば...」と心の中でつぶやいている人も多いようだ。それになにより、お金はたくさんあったらあったで困ることなんか何もない。もし金持ちになれば、今よりももっとハッピーになれるはずだ。だったら金持ちになってやる。そう思う人もいるだろう。おそらく著者の本田氏も、そういう気持ちで金持ちになりたいと思ったのでのはないだろうか。

金持ちになろうと思ってどういう行動をとるかは、それこそ人によって千差万別であろう。中には何もしない人もいれば、宝くじを買いにいく人もいるかもしれない。そんな中、著者は金持ちを見つけ出し、その金持ちに秘訣を教わるという方法をとった。運良くユダヤ人大富豪であるゲラー氏に巡り会って、彼に弟子入りを懇願する。「自分もお金持ちになって幸せな生活をおくりたいので、是非その秘訣を教えて欲しい」とせまる著者に対し、ゲラー氏はこうアドバイスする。

幸せに成功したければ、自分らしい人生を生きることに集中して、お金のことや成功することを忘れるのが大切なんだよ(p.24)。

ユダヤ人大富豪のゲラー氏がいうには「お金持ちになりたければお金のことは忘れろ」ということらしい。お金持ちになるためには、お金のことを考える必要があると思いきや、そうではないらしい。以下に本書に書かれたあったお金持ちになる秘訣を簡単に紹介してみる。

続きを読む
posted by lhflux at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

金持ち父さんの21世紀のビジネス (ロバート・キヨサキ)

「あなた、もしかしてお金に困ってる?いや、困っていなければいいんだけど。いやね、おおきなお世話かもしれないけど、あなたの服をみてると、お金がなくて、なんだか欲しいモノをガマンしてるんじゃないかって心配になっちゃって…。

いや、実はね、あなたは私の大切な友人だから、こっそり教えてあげるけど、誰にでも簡単にお金を儲けることができる話があるのよ。いや、ホントに簡単なのよ。私がこの話を紹介した友人なんて、一ヶ月もしないうちに月10万円も稼げるようになったんだから。この前、久しぶりに会ったと思ったら、見違えるくらい綺麗になっちゃって。どうしたの?って聞いたら、どうやら稼いだお金で高級エステに通っているみたいなのよ。

いや友人っていってもね、その友人はエリートでもなんでもなく、ただの主婦なのよね。その友人がいうにはね、はじめはウソかなぁと怪しんだけど、ダマされたと思って実際にマニュアル通りにやってみると、あれよあれよという間に気がつけば月10万円も稼げるようになっていて、こんな素晴らしい話を教えてくれてホントにありがとう、やっぱ持つべきモノは友よね、なんて言うもんだから。よかったらあなたにもどうかと思ってね。あなたも私の大切な友達だし。

いや、ホントに簡単なのよ。だってしっかりとしたマニュアルがあるから、それに書いてあることをそのままやればいいのよ。はじめにこのマニュアルを買うのにちょっと投資が必要なんだけど、そんなの一ヶ月もしない間にもとをとっちゃうから。

ちょっと想像してみて。

毎月10万円も稼げるなんて夢のようじゃない?はじめにマニュアルを買うのにたった1万円払うだけで、その夢が現実のものとなるのよ。どう?ダマされたと思ってチョットだけやってみない?」

これは、いわゆる「ネズミ講」とか「マルチ商法」とか呼ばれる手法である。実際に1万円払ってマニュアルを購入すると、そこには「三人勧誘するごとに、報酬としてあなたに1万円支払います。頑張って勧誘しましょう」なんてあったりする。最近はあまり見かけなくなったものの、十年前は、ときどきこのネタで新聞がにぎわっていたこともあった。

これだけの話なら別にたいした内容ではないと思ってしまうかもしれない。しかし、この「ネズミ講」は見かけによらず、ものすごい威力がある。はじめに誰か一人をダマしてマニュアルを購入させたとする。そうすると、そのダマされた人は、元をとるために3人を勧誘する。すると今度は、その3人それぞれが、また新たに3人ずつ勧誘してきて、新規にダマされた人は全部で9人になる。さらにその9人それぞれが、また新たに3人ずつ勧誘してきたとすると、新規にダマされた人は全部で27人になる。するとその27人が…と続き、気がつけば、被害者が莫大な数になり、主犯者も莫大な利益をあげる。こうして人数が増えれば増えるほど、勧誘する友人もいなくなり、最後に勧誘された人が貧乏クジを引いて不利益を被る。一人ずつの被害額はそれほど大きくないものの、全体としてみると、数億円規模にまで膨らむこともある。最終的に貧乏くじを引いた人が不利益を被るため、「ネズミ講」は現在の日本では犯罪となる。

しかし、ここで視点を変えて、この「ネズミ講」という手法を良いことに使えないだろうかと、考えてみよう。誰かが貧乏くじを引くから問題であって、みんなが得をするようなシステムににすれば、なんら問題ないはずである。この「ネズミ講」は絶大な威力をもっていることがすでに分かっているのだから、それをビジネスに応用すれば、きっと有効な手法になるに違いない。世の中、悪い人もいれば、いい人もいる。ならば、「ネズミ講」を詐欺に使う人もいれば、いいことに使う人もいるはずだ!

そうかもしれない、と思った人は続きをどうぞ。


続きを読む
posted by lhflux at 12:50| Comment(1) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。