2011年04月23日

幼児期ー子どもは世界をどうつかむかー (岡本 夏木)

日曜日の夕方、近くの公園へでかけると、かなりの高確率で親子バトルが勃発する。このバトルでは、おおよそ2〜3歳程度の幼児と親との間で繰り広げられる。もうすぐ4歳になる息子をもつ我が家でも、最近はかなり減ったものの、以前はよく親子バトルが繰り広げられていた。子どものいる家庭なら、誰しもが一度は経験したことがあるバトルではなかろうか。

次のやりとりを見てみよう。場面は、そろそろ家に帰ろうとするところから始まる。

父親「さぁ、そろそろ帰ろうか。」
息子「やだ。まだ遊ぶ。」
父親「日も沈んで暗くなってきたし、おなかも空いてきたし、そろそろ帰ろうよ。」
息子「や〜だ! もう一回ブランコする!!」
父親「えぇ〜?! お父さん、もう疲れたし帰りたいなぁ〜。お母さんも心配しているよ」
息子「や〜だ!や〜だ!! もっと遊ぶ!!! 」
父親「も〜う、しょうがないなぁ。じゃあ、ブランコ一回だけだよ」
息子「や〜だ!!!や〜だ!!! いっぱいブランコする!!!」

こうなってしまった幼児は、ワーワーギャーギャー大泣きして、もうどんな言葉も受けつかなくなる。そうなると、親の行動がおおよそ2つに別れる。忍耐力のある親は、子どもを遊ばせて、外が真っ暗になって見えなくなるか、子どもが飽きるのを待つのである。一方、待つことなんてできない、という親はリーサルウエポンを使う。泣き叫ぶ子どもを抱きかかえて(もしくは罵声を浴びせながら)、チカラづくで強引に連れて帰るのである。

ただ、この力にモノをいわせた「リーサルウエポン」の使用には、ちょっと注意が必要である。力で親が勝るのは明らかであり、その力を行使して子どもを従わせてしまうと、知らず知らずのうちに子どもは「力こそすべてだ」と思うようになる。さらに親は、「しつけ」と称して折檻する場合もある。この「しつけ」がエスカレートして幼児虐待へと移行するケースも多いらしい。

ほかに何か良い手がないだろうか。そう悩んでこれまでに読んだビジネス書を振り返ってみると、こういうときに威力を発揮するのが「コミュニケーションスキル」だということに気づく。コミュニケーションの基本といえば「相手の立場で考える」ことである。つまり、この場合では、「子どもの立場になって考える」ということが親には必要なのだろう。

といっても、幼児がいったい何をどう考えているかなんて、親に果たして解るのだろうか。本書を基に以下にまとめてみる。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン

続きを読む
posted by lhflux at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

仕事は楽しいかね? (デイル・ドーテン 訳=野津智子)

仕事を楽しくするための、ひとつの有効な手段として、自己啓発が挙げられる。では、自己啓発の英知を集めた成功の戦略とはいったい何だろうか?数多くの自己啓発本を読んできた"あるビジネスマン"が、成功の戦略を次の3つにまとめていた。

1. 目標の設定:
目的地を知らなければ到達することはできない。彼方の目標をしっかり見定めること。そうすれば、人生に望むものを人生から得ることができる。

2. 生きる姿勢を変える (ポジティブシンキング):
新しい自分を築くために、"敬遠すべき考え方"とか"さまざまなことに固執すること"といったネガティブな思い込みを排除すること。制限的な思い込みを捨てて、成功やパワーやエネルギーや懸命さといったポジティブな姿勢を連想すべきである。

3. 他人の成功を範として自分の成功を生み出す:
わかりきっていることを手間暇かけてやり直すことはない。成功している人をマネして、いち早く自分も成功すべきである。

このように成功の戦略をまとめた"あるビジネスマン"は、その後、どうなったであろうか。以下に続きを書いてみる。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
続きを読む
posted by lhflux at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

残念な人の思考法 (山崎 将志)

あなたは残念な人?

次の質問に"YES"か"NO"で答えて、"YES"の数を数えてみよう。

1. 毎日が仕事で忙しい。
2. ちゃんと学校を卒業した。
3. 入社試験をクリアした。
4. 役に立つ資格を持っている。
5. 仕事へのやる気が十分ある。
6. 夜遅くまで懸命に働いている。
7. 結果がでない。

あなたの"YES"の数は全部でいったいいくつあっただろうか。以下に、その診断結果を書いてみる。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン

続きを読む
posted by lhflux at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。