2011年03月19日

天才!成功する人々の法則 (マルコム・グラッドウェル、訳=勝間和代)

私がはじめて"天才"に遭遇したのは、今からおよそ20年前、私がちょうど小学4年生のときである。

当時、私のクラスでは、Mr.マリックによる超能力が流行していた。テレビの中のMr.マリックは、裏になったトランプの数字を、手をかざしただけで見事に言い当て、最後に一言こう放った。

「ハンドパワーです。」

サングラスをかけ、いかにも怪しい雰囲気をかもしだし、決めゼリフまでもっていた。そんなMr.マリックのハンドパワーは、当時の小学生の間で大人気であった。小学生達は、コトあるごとに「ハンドパワーです」というセリフをマネしていた。

とはいっても、小学生のブームは熱しやすくて冷めやすい。一部のファンを除いて、クラスの中ではハンドパワーブームが過ぎ去ろうとしていた。そんなとき、このブームに乗り遅れた人が1人いた。クラス担任の小池先生である。

ある日の帰りのホームルームの後、何を思ったのか、小池先生が教室の出口を塞いだ。小池先生は3枚のトランプを用意していた。その3枚は、ハートのエース(♥A)、スペードのキング(♠K)、それとジョーカーである。これらの絵柄をみせながら、生徒に向かっていった。

「この3枚の中から、見事にジョーカーを引き当てたら、ココを通って帰っていいよ。でも、もし間違えたら列の後ろに回ってはじめからやり直し。さあ、並んだ並んだ。」

すると生徒達はワラワラと列をなした。生徒は順番に先生がもつ3枚のトランプを指差す。

「正解、通ってよし。次。ハズレ、後ろに回ってね。次。はい、ハズレ。残念でした。次。正解…。」

こんな調子で繰り返されていく。だいたい5人くらいが終わった後、"彼"の番になった。先生は毎度のようにトランプを身体の後ろに隠し、それから"彼"の前に突き出した。

"彼"はおもむろに一枚ごとにゆっくりと手をかざしはじめた。Mr.マリックがよくやる仕草である。そして、うなずきながらこう言った。

「分かりました。コレがハートのエースで、コレがスペードのキングで、コレがジョーカーです」

そう言った途端、小池先生は眼をまるくして愕いた。しばらく唖然としたあと、ふと我に返ってつぶやいた。

「す、すごい。全部正解です。ど、どうしてわかったの?」

「ハンドパワーです。」

そういうと"彼"は平然と立ち去った。

その後、"彼"のマネをして、トランプを三枚すべて当てようとする生徒もいた。しかし、三枚すべてを言い当てたのは、40人いた生徒の中で結局、"彼"ひとりだけであった。

話はこれだけでは終わらない。

翌日、いつも通りに授業が始まった。算数の時間のとき、小池先生が答案用紙をもって教室に現れた。

「これから、テストの結果を配ります。名前を呼ぶから、呼ばれた人は取りにきてください。田中くん、田口くん、…」

テスト結果を渡された生徒達は、お互いにみせあってキズを舐め合っていた。ある生徒が例の"彼"に向かって聞いた。

「オイ、テストはどうだった?ちょっとみせてみろよ」

そういって、半ば強引に"彼"の答案用紙を奪って、テストの点数を調べた。すると、その生徒の動きが止まった。

「ひゃ、百点じゃねえか...。す、すげー。き、昨日もトランプのカードを全て当てたし、算数のテストも満点だ...。お、おまえ、もしかして、天才じゃねえの?」

すると”彼”はヘラヘラ笑いながらいった。

「ははは。別に天才なんかじゃないよ。」

途中で言葉をさえぎりながら、生徒がひとり叫んだ。

「いや、オマエは天才だ。絶対にそうだ。じゃなきゃ、トランプのカードが全て解るはずないし、テストで満点なんてとれるわけがない。スゲー。こんなところに天才がいた!!!」

こうして”彼”の天才という噂が学校中に広まった。

果たして、ホントウに”彼”は天才なのだろうか。気になる方は続きをどうぞ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
続きを読む
posted by lhflux at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

COURRiER Japon (クーリエ・ジャポン) 2011年4月号

国際的な視点を提供してくれる雑誌、クーリエ・ジャポン。その今月号のウリとなる特集は、"不況でも売れる"のはなぜか?「ヒットの秘密」を解き明かす、である。しかし、本屋でこの雑誌を手にした私は、今月号のこの特集記事をパラパラっとみて、今回は購入しなくていいかなと感じた。さあ帰ろう、と思って戸棚に返しかけたとき、巻末にある付録に気づいた。タイトルには、映画ではわからない「フェイスブック」のすべてとかかれていて、ザッカーバーグの顔がデカデカとある。これは、アメリカの雑誌「TIME」に掲載された記事らしく、19ページにもわたる内容だ。映画「ソーシャル・ネットワーク」が描くザッカーバーグは、ナマイキで嫌だけど憎めないヤツ、という設定になっていたものの、実際のところどうなのか。そう思った私は、結局、購入することにした。

実際に本誌を読んだ後も、私がはじめに感じた印象はかわらない。今月号の特集では、ひとつひとつの記事はそれになりに面白いものの、全体を通してみるとパンチが弱い。確かに、特集記事のフォードを救った「未来のクルマ」では、今後の車のあり方を知れるし、テレビ通販の「買わせる仕掛け」では、マーケティングを学ぶことができる。特集とはちょっと違うが、ジェイZのヒップホップの帝王は二つのカオを持つも面白い。しかし、ヒットの裏側を解き明かすほどの内容かというと、残念ながら物足りない。むしろ、この特集の裏側に隠れた記事の方が私にとってはおもしろかった。

私が気になったテーマは全部で5つ。それらは、エジプト情勢、フェイスブック関連ネタ、中国関係、世界が見たNIPPON、ミシェル・ウィリアムズである。以下にこれらのテーマについて、簡単に紹介してみる。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン

続きを読む
posted by lhflux at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。