2011年02月26日

デジタルネイティブの時代 (木下 晃伸)

今から半年前...

「おと〜さ〜ん、トイストーリ、みた〜い」

「チョット待っててね。まずは、iPad の電源を入れて、えーと、あ、これだ。はい、どうぞ。」

「チャラーラ♪ チャラーラ♪ チャラララララーン♪…」

そこには、iPadのアプリを愉しむ息子(3歳)がいた。


あれから半年後の現在…。

「おと〜さ〜ん、iPad どこ?」

「そこの戸棚の中に入ってるよ」

ダッダッダッダッダ、

「ここ?」

ガサゴソ、ガタッ、ゴゴゴゴ。

「あった。」

ダッダッダッダッダ、ゴトン。

「カチャ、…、ジャンジャン♪ ジャカジャカジャンジャン♪、ピロ、…、ピロ、…、ブーーーーン♪」

気がつけば、息子(3歳半)がひとりで勝手にiPad を持ち出し、自分で電源を入れて、アプリを選択し、車のゲームで遊んでいる。

そんな息子を連れて、家電量販店のノートパソコン売り場をウロついていた、ある日のことである。息子はあたりをキョロキョロ見回して、近くにあった Windows のノートパソコンに興味を持った。パソコンを使ったことのない息子が、いったいどういう行動をとるか気になってきたので、店員の冷たい視線を全く無視して(店員さんゴメンなさい)、しばらく様子を見守ってみた。

ガチャガチャガチャ。キーボードをランダムに叩き始めた。「まあ、そうだろう」そう思ってもなお放置していたら、急にモニタ画面を指で押し始めた。何度か同じところを押して、変化もない画面を不思議そうに眺めている。どうやら、iPad に慣れているせいで、モニタ画面を押せば、それが起動するのだと思っているようだ。

もうしばらく様子を見ようと、私は息子を放置してみた。息子は再度、モニタ画面を押して、半ばキレぎみに画面を叩こうとすると、店員があわてて駆けつけてきて、止めに入った。息子と私は二人で店員に怒られるも、息子は解せない様子である。われわれ大人にとって、パソコンにマウスがあるのはアタリマエの事実であるものの、息子にとってはパソコンにマウスが無いことが、アタリマエとなっているようだ。

そう、デジタルに関する我々大人の常識は、あっと言う間に古くなりつつあるのだ。このように、我々世代の常識とはことなった常識をもつような、20代以下の世代の人たちを、本書ではデジタルネイティブと呼ぶ。以下に、本書について紹介してみる。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン

続きを読む
posted by lhflux at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

優しさ研究所 (高橋 幸路)

あなたならどうする?シリーズ第2弾!
〜もしもあなたが2歳10ヶ月の息子を持つ親だったら〜

イロイロなことができるようになってきた2歳10ヶ月の息子くん。動きも活発で、走り回ることが大好きです。ある日曜日の晴れた日、そんな息子くんとあなたは一緒に散歩へ出かけました。広い道を歩いていると、突然、息子くんが

「競争したい!」

といいだしました。そこで次の電柱まで「かけっこ」をすることに。

「いちについて、よーい、ドン!」

かけ声とともに二人で走り出しました。すると息子くんは何かにつまずき、転んでしまいました。そして地べたに倒れたまま、泣き出してしまいました。

さて、このとき、あなたならどうする?次の中から、もっとも「優しい」と思われる行動を選んでください。なければコメント欄にどうぞ。

1. すぐに抱き上げる
2. そのままにする
3. 早く立ちなさい、と促す
4. その他

以下に、本書の「優しさ研究所」を基に、優しさについて考えてみたい。なお、本書は著者の高橋幸路様より献本いただきました。どうもありがとうございます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
続きを読む
posted by lhflux at 11:23| Comment(1) | TrackBack(1) | ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

長期投資で日本は蘇る! (澤上 篤人)

「インフレが来るぞーーー!!!」

ときどき、こういった話をチラホラと聞くことがある。

真相はともかくとして、では、もしインフレが来たとしたら、我々の生活にどういった影響があるのだろうか。

良い面がいくつかある。

よく言われることは、インフレになると金利があがり、銀行預金の利息が増える、という面である。現在は、例えば大手某銀行の定期預金をみてみると、年0.03% だったりする。つまり、銀行に100万円預けていると、1 年間に300円しかもらえない。今後、もし金利が上昇し、アメリカの大手銀行並みの年4%程度になったとしよう。すると、銀行に100万円預けていれば、1年間に40000円 (4万円) も、もらえることになる。

また、インフレでは貨幣価値が下がるので、もし借金をしていたら、その負担は軽くなる。例えば、缶コーヒーを自動販売機で購入しようとすると、現在では100円で買えないけれども(120円は必要)、30年前なら100円で買えた。これをそのまま借金にあてはめると、30年前に2000万円借りたとすると、それを現在の貨幣価値に換算すれば、およそ1670万円になる(=2000万円 x 100円/120円 )。

しかし、恐ろしいのは悪い面である。

特に、住宅ローンを35年の変動金利で借りている人は注意が必要だ。私の周りの人に話を聞くと、金融界者は「今は金利が安いから、今のうちに借りておいた方が得ですよ〜」という売り文句を口にする。しかも固定ではなく、変動金利をススメているようだ。もし、インフレになって金利が上がれば、借金で返済する利息も上がる。その結果、月々の返済額もあがり、いつまでたっても借金が減らない、といった借金地獄になりかねない。持ち家を売りたくても人口減少によって買い手がつかず、売れたとしても二束三文にしかならない。そうなると、アメリカでおきたサブプライムローン問題と似たような現象が日本でも起こりうる。

では実際のところ、インフレは来るのだろうか。それに対する著者の澤上篤人氏の見解を以下に紹介してみる。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン

続きを読む
posted by lhflux at 11:02| Comment(0) | TrackBack(1) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

なぜ消防署で住宅ローンがバカ売れするのか? (杉村 晶孝)

”なぜ消防署で住宅ローンがバカ売れするのか?”

巷でよく見掛ける、"なぜシリーズ"のタイトルである。

「どうせまたミセカケだけのタイトルで、本書の最後の方にチョロっとだけ答えが書いてあるだろう。さもなくば、バカ売れという言葉で適当にごまかしているんだろう。」

これまで数々のミセカケだけのタイトルにダマされてきた私なんかは、思わずそう吐き捨ててしまいそうになる。

ところが、背表紙をめくると良い意味で、私の期待を裏切ってくれる。そこにはいきなりこうあった。

なぜ消防署でバカ売れするのか?
それはお役所だから!


って、オイ!いきなり答えを言うんかい!

そう思わずツッコンで、ハタと気づく。"お役所だから"という理由がワカらん。どういうこっちゃ...。

その答えが本書にしっかりと書かれてあった。しかも余すことなくみっしりと。ご丁寧に、写真まで載せて解説してある。近頃にしてはめずらしく、タイトルどおりの内容であった。以下に本書を簡単に紹介してみる。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン

続きを読む
posted by lhflux at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

国際感覚を養うための雑誌

このブログでよく登場するクーリエ・ジャポンとフォーリン・アフェアーズ・レポート。グローバルな視点を得るにはもってこいの雑誌である。その書評もちょっとたまったので、ここいらでまとめてみる。

COURRiER Japon (クーリエ・ジャポン):

世界中のメディアから記事を集め、政治、経済、科学、環境といった話題を中心にして、日本人向けに編集している雑誌。"2ch まとめサイト"というのがあるが、それと似ていて、対象が 2ch ではなくて世界の雑誌になっているようなもの。気軽に読めて、しかも話題も豊富である。最近は、コンビニでもみかける。

--- 書評一覧 & ひとことコメント ---
才能とは何か(2011年3月号)
知性の探求 (2010年10月号)
鉄道ってカッコいい (2010年9月号)
アメリカって本当に幸せ? (2010年3月号)
まだ間に合うIT (2010年2月号)


Foreign Affairs Report (フォーリン・アフェアーズ・レポート)

アメリカからの視点で、国際社会をどう捉えているかを一般人にも分かるよう編集されたレポート集。内容は濃く、ハイレベル。記事がしっかりしていて、読み応えがあり、得られるものも大きい。雑誌というよりは専門誌に近く、書店でみかけることはあまりない。

--- 書評一覧 & ひとことコメント ---
なぜに円高?(2010年9月号)
ソーシャルビジネスの原点(2010年7月号)
学問とビジネスの出逢い
日米安保を振り返る(2010年3月号)

それにしても、レビュープラス様には随分とお世話になったなぁ。これからもどうぞよろしくお願いします。
posted by lhflux at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。